【会員からの投稿】 SGDs関連のシンポジウム(10月1日)と選挙科学調査のセミナー(10月3日、4日)のご紹介 (2018年9月29日)

日本国際政治学会 会員の皆様

学会会員の長辻貴之と申します。

この度、セネガルからMomar Dieng博士を早稲田大学に招聘し招聘期間中、10月1日、3日、4日にシンポジウムとセミナーを開催致します。
以下の日本語(あるいは英語)での詳細説明をお読み頂けますと幸いです。
Please scroll down for English information.

開催日直前でのご案内となり大変恐縮なのですが、皆様のご参加をお待ち申し上げます。

早稲田大学大学院 政治学研究科
博士後期課程
長辻貴之


[Momar Dieng博士紹介文]

Momar博士は、カリフォルニア大学ディビス校にて数学の博士号を所得し、ハーバード大学ケネディースクールにて公共政策・開発援助を学び、ハーバード大学教育研究科にて国際教育政策の修士号を取得した。リベリアの国連開発計画(UNDP)にて上級政策アドバイザー、ハーバード大学・国際開発センターで研究員、セネガル政府の教育大臣の上級アドバイザーを歴任し、世界銀行のコンサルタントを務める。開発援助や教育政策以外にも、統計の専門知識があり毎年ハーバード大学で量的分析の講義を行っている。選挙の科学犯罪調査も専門とし、2016年にはアリゾナ大学のBartlett Memorial Lecturerに選出された。

第4回ORIS若手国際シンポジウム

◆開催日時:
2018年10月1日 (月曜日)  12:30 – 16:20
◆開催場所:
早稲田大学 26号館 多目的講義室 (B104)
早稲田大学 「早稲田キャンパス」アクセスマップ(PDFファイル)
◆使用言語:
英語(同時通訳無し

SDGsをテーマにしたシンポジウムで、Panel 1では教育、Panel 2では政治学に関する研究発表を予定しております。
詳細は以下のURLをご覧ください。
https://www.waseda.jp/inst/oris/news/2018/09/04/2636/

SGUセミナー (量的分析手法): Statistical Methods Practicum on Election Forensics

◆報告者:
Dr. Momar Dieng
◆開催日時:
2018年10月3日 (水曜日)
13:00 – 18:00 (小休憩含む、一部のみの参加可)
◆開催場所:
早稲田大学 9号館 558室
早稲田キャンパス案内図 (PDFファイル)
◆使用言語:
英語(同時通訳無し

◆概要:

2019年までの残り3ヶ月内に、約20カ国で選挙が実施予定である。これらの選挙は平和裡、かつ公平に実施されるのだろうか。公平な選挙の特徴を数学的側面から予想することにより、選挙科学調査はこれらの選挙に貢献することができる。今回のSGUセミナーでは、選挙科学調査の分野において使用される統計分析ツールの紹介を行い、Stataを用い実習する。本セミナーでは実際のアフリカの数カ国の選挙データを分析し、同時に以下の実習を行う。

  1. 投票率の分布、および投票率と得票率の関係の調査分析
  2. Digitテスト (Last digitテスト、Second digitテスト、ベンフォードの法則等)
  3. Ecological Regression Methodsに基づく選挙間での投票フロー調査

※参加者はStataがインストールされたパソコンをご持参ください。
また、セミナー当日のデータ共有のため、参加者は事前に以下のメールアドレスまでお名前とご所属をお送りください。
takashi-wi▲fuji.waseda.jp (▲を@に変換してご使用ください。)

詳細は以下のURLをご覧ください。
https://www.waseda.jp/inst/oris/news/2018/09/27/2690/

第38回ORISセミナー

◆報告者:
Dr. Momar Dieng
◆開催日時:
2018年10月4日 (木曜日)  16:30 – 18:30
◆開催場所:
早稲田大学 26号館 1102室
早稲田大学 「早稲田キャンパス」アクセスマップ(PDFファイル)
◆使用言語:
英語(同時通訳無し

◆概要:

毎年、世界各国では膨大な数の投票が行われている。例えば、2015年には100の国政選挙で5億以上の票が投じられた。これらの選挙の多くが激しく争われ、票の操作が訴えられるなか、大規模な暴力や死者を発生させる結果につながっている。近年注目されている選挙科学調査(election forensics)の分野では、選挙過程における不正、そして特に選挙結果の妥当性を調査するため、量的手法の開発を行っている。選挙監視団、NGO、ジャーナリストからの報告書を含むエビデンスと共に、統計分析が使用される場合、明白な選挙不正や選挙操作を検出するための効果的なツールを選挙科学調査は提供する。一方で、これらの技術の信頼性の向上や、選挙に影響を与える人と技術の複雑な相互作用を考慮した分析技法の洗練化のため、学術的な努力も求められている。今回のセミナーでは、選挙科学調査で使用される統計分析を紹介する。そして、2000年と2007年のセネガルにおける大統領選挙の分析、2012年選挙におけるその使用に焦点を置く。
詳細は以下のURLをご覧ください。
https://www.waseda.jp/inst/oris/news/2018/09/21/2669/


1. The 4th WASEDA ORIS International Symposium

◆Date and Time:
October 1st (Monday), 12:30 – 16:20
◆Venue:
Room B104, Building 26, Waseda Campus
Campus Map(PDF flie)
◆Language:
English (Without Simultaneous Interpretation)

◆Abstract:

This symposium applies research from educational development studies and political science towards the realisation of new forms of global governance, aiming to achieve the global objectives set out in the Sustainable Development Goals (SDGs). Special focus will be placed on two of the seventeen SDGs, i.e. SDG 4: Ensure inclusive and quality education for all and promote lifelong learning, and SDG 16: Promote just, peaceful and inclusive societies.

URL: https://www.waseda.jp/inst/oris/news-en/2018/09/04/2640/

2. SGU Seminar on Quantitative Tools: Statistical Methods Practicum on Election Forensics

◆Date and Time:
October 3rd (Wednesday),
13:00 – 18:00 (Small breaks included)
◆Venue:
Room 558, Building 9, Waseda Campus
Campus Map(PDF flie)
◆Language:
English (Without Simultaneous Interpretation)

◆Abstract:

New Year is only three months away, but elections are expected in about 20 countries before the end of 2018. Will all of these elections be free and fair and held without violence? Election Forensics can make a contribution to these elections by predicting mathematical characteristics of a fair election.
This seminar offers a hands-on Stata-based session for the statistical methods used in Election Forensics. In this session we will review the following methods and illustrate their use on actual data of elections in Africa.

  1. Investigations of the distribution of turnout, and relationships between turnout and share of votes.
  2. Digit tests (e.g last digit test, second digit test and more generally variants of Benford’s law).
  3. Investigations of the flow of votes between elections (or rounds in an election) based on ecological regression methods.

*All participants are expected to bring their PC with Stata installed.
If you attend this seminar, please send 1. Your Name and 2. Your Affiliation to the following Email address.
takashi-wi▲fuji.waseda.jp (Please replace ▲ with @)

URL: https://www.waseda.jp/inst/oris/news-en/2018/09/27/2692/

3. The 38th ORIS Seminar “Power in Numbers: Quantitative Methods for Monitoring Electoral Integrity”

◆Date and Time:
October 4th (Thursday), 16:30 – 18:30
◆Venue:
Room 1102, Building 26, Waseda Campus
Campus Map(PDF flie)
◆Language:
English (Without Simultaneous Interpretation)

◆Abstract:

Every year, vast amounts of citizens cast their vote in elections around world. For example, more than half a billion votes were cast in one hundred national elections in 2015. A large number of those elections were contested intensively, leading to mass violence and significant numbers of fatalities amidst claims of ballot rigging. The growing field of ‘election forensics’ seeks to develop quantitative tools that can be used to investigate the integrity of the electoral process, and particularly the plausibility of election results. These techniques can be effective for detecting the obvious types of voting irregularities and fraudulent manipulations, especially when statistical analyses are used with other types of evidence, including reports from election observer missions, election watch NGOs and journalists. On the academic side, efforts are underway to improve the reliability of these techniques and bring sophisticated analytic methods to bear on the complex interplay between human and technological factors that can influence an election. This talk introduces statistics of election forensics. As a practical application it will focus on the analysis of Senegal’s 2000 and 2007 presidential elections, and its use in securing the 2012 election.

URL: https://www.waseda.jp/inst/oris/news-en/2018/09/21/2670/

Momar Dieng is a mathematician, development practitioner, and election forensics expert. He has been a visiting faculty in the Department of Mathematics at the University of Arizona, and regularly lectures on quantitative tools for economics and public policy at Harvard University. He received his PhD in Mathematics from the University of California at Davis. He also studied at Harvard’s Kennedy School of Government as well as Harvard’s Graduate School of Education. He was a Senior Policy Advisor for UNDP Liberia and Senior Technical and Policy Advisor in Senegal’s Ministry of Education.