【会員からの投稿】 東大=UCバークレー戦略的パートナーシップ講演会(11月17日、24日)のお知らせ (2017年10月21日)

 東京大学社会科学研究所では、カリフォルニア大学バークレー校 (UC Berkeley)との戦略的パートナーシップ事業の一環として、国際政治、特に宗教と紛争との関係がご専門のRon Hassner准教授 (Department of Political Science)の講演会を開催致します。駒場キャンパス、本郷キャンパスそれぞれで異なるテーマの講演会が実施されます。 参加をご希望の方は、https://goo.gl/mEDVXQ にご登録下さい。皆様のご参加をお待ちしております。

<駒場キャンパス講演会>

◆日時:
2017年11月17日(金) 17:30~19:00(17時開場)
◆場所:
東京大学駒場キャンパス 21KOMCEE West 地下1階 レクチャーホール
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_55_j.html
◆講演者:
Ron Hassner (University of California, Berkeley)
◆講演タイトル:
宗教と戦争 / Religion and War
◆要旨:
How does religion shape modern war? News headlines focus on how religious ideas, especially radical Islam, cause conflict. I will propose that religion matters in a variety of fascinating shapes, affecting how all soldiers think and behave on the battlefield, before, during and after war. Religion can even influence when wars take place and what targets are selected for attack. This is true not only for terrorists and insurgents but also for modern, professional armies, like U.S. and Japanese forces.
◆言語:
英語(通訳なし)
◆URL:
http://utokyo.ucberkeley.jp/ja/news_and_events/lecture_hassner1

<本郷キャンパス講演会>

◆日時:
2017年11月24日(金) 17:30~19:00(17時開場)
◆場所:
東京大学本郷キャンパス 赤門総合研究棟 549室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_02_j.html
◆講演者:
Ron Hassner (University of California, Berkeley)
◆講演タイトル:
拷問への強い・弱い批判 / Critiques of Torture, Weak and Strong
◆要旨:
What do we know about the use of torture in counter-terrorism interrogations? How and when does it work, if at all? I draw on evidence from 20th and early 21st century cases to explore weak and strong critiques of US torture practices. I argue that even in limited situations in which interrogational torture is effective, it is slow, can easily spiral out of control, and can have negative long-term effects.
◆言語:
英語(通訳なし)
◆URL:
http://utokyo.ucberkeley.jp/ja/news_and_events/lecture_hassner3

※ロン・ハスナー先生講演会参加申し込みフォーム:https://goo.gl/mEDVXQ