【言論NPO】 創立18周年特別フォーラム(11/19)ご参加のご案内 (2019年10月21日)

世界の自由秩序と民主主義の再建に問われた私たちの責任
創立18周年特別フォーラムご参加のお願い

A 言論NPOでは11月19日(火)に、「世界の自由秩序と民主主義の再建に問われた私たちの責任」をテーマとした、創立18周年特別フォーラムを開催します。これは、世界の自由秩序や国内外の民主主義が困難に直面する中、日本の民主主義をより強く機能させるとともに、不安定化する世界に日本がリーダーシップを果たす取り組みのスタートとして行うものです。フォーラムには、デンマーク首相やNATO事務総長を務め、「コペンハーゲン民主主義フォーラム」を立ち上げたラスムセン氏ら、世界で民主主義の修復に取り組む論者が、私たちの呼びかけに応じ東京に集まります。

ご参加いただける方は、こちらのURLからお申込みください。

http://www.genron-npo.net/20191119-18thforum.html


<<<創立18周年特別フォーラム開催概要>>>

◆テーマ:世界の自由秩序と民主主義の再建に問われた私たちの責任
◆日時:2019年11月19日(火) 13:30~18:20
◆会場:ホテルニューオータニ「麗の間」・「舞の間」(東京都千代田区紀尾井町4‐1)
◆プログラム:

*13:30-14:30** オープニングフォーラム*

基調講演:アナス・フォー・ラスムセン
(コペンハーゲン民主主義サミット創設者、元デンマーク首相、第21代NATO事務総長)

*14:30-16:10** 第1セッション「今、代表制民主主義に必要な改革とは(仮)」*

パネリスト:ジョゼフ・レンチ(オーストリア新政党「ネオス」設立者)
ジョセップ・コロメール(ジョージタウン大学教授)
アレクサンダー・ゲルラッハ(カーネギー倫理国際関係協議会シニアフェロー)
他1名

司会:工藤泰志(言論NPO代表)

*16:20-18:20 ** 第2セッション「危機感なき日本-国際課題の解決と民主主義の再建に問われた責任とは」*

パネリスト:宇野重規(東京大学社会科学研究所教授)
小林喜光(三菱ケミカルホールディングス取締役会長、前経済同友会代表幹事)
工藤泰志(言論NPO代表)、他1名

司会:西村陽一(朝日新聞社常務取締役)

*18:00-18:20** 日本の民主主義に関する問題提起*

◆参加費:5,000円
※会費は下記口座まで事前振込で納入いただきますようお願い致します。

三井住友銀行 赤坂支店 普通預金
口座番号:7978550
口座名:ゲンロンエヌピーオー

*お申込みフォーム*:
http://www.genron-npo.net/20191119-18thforum.html

===
【言論NPOについて】
 言論NPOは、2001年に創立された、非営利・独立・中立のシンクタンクです。
 国内では選挙時における政党のマニフェスト評価や、政権の実績評価を継続的に行うとともに、北東アジアの平和に向け、日中間で「東京-北京フォーラム」を14年間、日韓間で「日韓未来対話」を7年間、それぞれ発足から1年も休むことなく開催してきました。
 さらに、2012年からは、米国の外交問題評議会が開催する世界25ヵ国のシンクタンク会議に日本から唯一参加しています。また、2017年以降、世界10ヵ国の有力シンクタンクのトップを東京に集め、世界の自由秩序と民主主義を巡ってG7首脳会議に提言する「東京会議」を毎年開催するなど、国際的な課題に対して日本の主張を世界に発信しています。

 組織概要については、下記URLをご参照ください。
http://www.genron-npo.net/about/

===

お問い合わせ先 設立18周年フォーラム事務局 担当:宮浦、佐藤
〒104-0043 東京都中央区湊1-1-12HSB鐵砲洲4階
Tel  03-6262-8772
EMAIL  info_genron-npo (★を@に変更の上お送りください)