【会員からの投稿】 シンポジウム「セキュリティ・ガヴァナンス論の脱西欧化と再構築――グローバル国際関係学を目指して」(6月1日、立命館大学)のお知らせ (2018年5月17日)

このたび、立命館大学では下記の要領でシンポジウムを開催します。ご参集いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

◆日時:
2018年6月1日15:00~18:00
◆場所:
立命館大学衣笠キャンパス 恒心館KS302号室
http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/kinugasa

<プログラム>

【第一部】 15:00~16:20  セキュリティ・ガヴァナンス論の脱西欧化と再構築

報告:足立研幾(立命館大学)
「グローバル国際関係学を目指して―セキュリティ・ガヴァナンス論の脱西欧化の試み」

報告:山根達郎(広島大学)
「マリの事例分析を通したセキュリティ・ガヴァンス論の可能性と課題」

報告:今井宏平(アジア経済研究所)
「トルコの事例分析を通したセキュリティ・ガヴァナンス論の可能性と課題」

討論:クロス京子(立命館大学)

【第二部】 16:30~18:00
パネルディスカッション:セキュリティ・ガヴァナンス論の行方

モデレーター:足立研幾(立命館大学)

パネネリスト:佐々木葉月(熊本大学)
:工藤正樹(国際協力機構 [JICA])
:今井宏平(アジア経済研究所)
:山根達郎(広島大学)
:福海さやか(立命館大学)

※事前申し込みはご不要です。