【会員からの投稿】 国際シンポジウム「緊張と対話 ―東アジアの行方―」(5月18日)のお知らせ (2018年4月25日)

国際シンポジウム
「緊張と対話 ―東アジアの行方―」

北朝鮮の核とミサイル開発により東アジアの緊張が高まるなか、中朝首脳会談が開かれ、南北首脳会談、そして6月までには米朝首脳会談も予定されるなど事態打開へ首脳外交が動き出しました。米国のトランプ大統領は、「あらゆる選択肢がテーブルの上にある」として北朝鮮への攻撃の可能性を排除していませんが、武力行使は朝鮮半島と日本を含む周辺諸国に重大な影響を与えます。武力によらない解決を目指すにはどうしたらいいか。日本、中国、韓国、米国の識者が話し合います。

【主催】
東京大学韓国学研究センター/朝日新聞社/
韓国・東亜日報化汀平和財団/中国現代国際関係研究院
【日時】
2018年5月18日(金)午後1時30分(開場午後1時)~午後6時
【場所】
東京大学駒場キャンパス18号館ホール
キャンパスアクセスマップ:
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/visitors/maps-directions/index.html
キャンパスマップ:
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html
【使用言語】
日米中韓(同時通訳あり)
【参加】
無料/事前予約要
※当日受付可能ですが、予約の方が優先入場となります。
【予約】
下記の方法のいずれかで事前登録をお願いいたします。

予約ウェブフォーム :
https://docs.google.com/forms/d/1GH2SjBGyYqNIT4C-hJntJraePiNtL7PM2fqGXbqdO6s/edit

メール :朝日新聞社事務局 0518sympo@gmail.com

ハガキ :104-8011 東京都中央区築地5-3-2
 朝日新聞オピニオン編集部シンポジウム係

【シンポ概要/登壇者のご案内】

◆挨拶 朝日新聞社常務 西村陽一

◆各国の基調報告

玄仁澤(韓国高麗大学教授(元統一部長官))
劉天聡(中国現代国際関係研究院朝鮮半島研究室助理研究員)
マーク・フィーフル(元米ブッシュ政権国家安全保障副アドバイザー)
木宮正史(東京大学教授)

◆討論

司 会:
李鍾元(早稲田大学教授)
討論者:
金漢権(韓国国立外交院教授)
南時旭(東亜日報化汀平和財団理事長)
韓起興(東亜日報論説委員)
樊小菊(中国現代国際関係研究院日本研究所所長代行)
ボブ・ジェンセン(元米オバマ政権国家安全保障会議報道官補)
佐橋亮(神奈川大学教授)
箱田哲也(朝日新聞論説委員)
古谷浩一(朝日新聞論説委員)

*イベント案内等で告知にご協力いただける場合、下記問い合わせ先までご連絡ください。

【本シンポについての問い合わせ先】

朝日新聞社事務局 Mail: 0518sympo@gmail.com

獨協大学ドイツ語学科専任教員公募のお知らせ (2018年4月21日)

獨協大学外国語学部ドイツ語学科では、専任教員の公募を行います。
公募の詳細は下記URLにある教職員採用情報をご覧下さい。

【職位】
准教授または専任講師 (常勤、任期なし)
【募集人数】
1名
【研究分野】
ドイツ語圏、あるいはドイツ語圏とEUの関係を主要対象とする社会科学(政治学、社会学、地理学、国際関係論など)、またはその関連分野
【公募詳細】
http://www.dokkyo.ac.jp/recruit/

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」 2018年度第3回募集のお知らせ (2018年4月21日)

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

◆第3回閲覧期間:
2018年9月-11月 (1組 20日間まで利用可)
◆募集対象者:
大学または高等専門学校、公的研究所に所属する職員・研究者、大学院生
◆募集締切:
2018年6月29日
◆募集研究数:
放送博物館 6件、大阪放送局 3件

応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

【UNU-IAS】 「アフリカでのグローバル人材育成プログラム」公募についてのお知らせ (2018年4月15日)

2018年度アフリカでのグローバル人材育成プログラム公募のご案内
(Global Leadership Training Programme in Africa (GLTP))

本プログラムは、将来の日本をリードし、日本とアフリカの友好・協力関係の促進に貢献する人材育成を目的としております。日本人の大学院生を対象に、アフリカをフィールドとする研究の渡航費用および滞在費用等を助成するとともに、現地専門家による研究指導をコーディネートしています。

派遣先の大学は、国連大学のアフリカにおけるパートナー大学や研究機関になります。学生の所属大学が提携するアフリカ現地の大学・研究機関への派遣も可能です。

◆対象者と期間:
日本の教育機関に所属している日本人大学院生
・修士課程 6~8名:2~3カ月
・博士課程 3~5名:3~7カ月
※派遣期間および年度をまたぐ派遣の相談が可能です。
◆研究分野:
「持続可能な開発目標(SDGs)」達成への貢献という観点から、助成の対象となる研究分野に制限を設けておりません。
◆実 績:
2013年-6名(5カ国:ガーナ、ケニア、セネガル、南アフリカ、ザンビア)
2014年-9名(5カ国:コンゴ民主共和国、ガーナ、ケニア、南アフリカ、ザンビア)
2015年-9名(6カ国:ガーナ、ケニア、ザンビア、セネガル、マラウィ、ウガンダ)
2016年-11名(6カ国:エチオピア、ガーナ、ケニア、南アフリカ、ウガンダ、ザンビア)
2017年-10名(8カ国:タンザニア、ボツワナ、ガーナ、ケニア、南アフリカ、ウガンダ、ザンビア)
◆募集期間:
2018年4月1日~4月30日
◆応募方法:
下記書類を電子メールにてGLTP事務局宛に送信して下さい。
  • Application Form (所定様式)
  • Research Plan (所定様式)
  • 指導教員からの推薦書(様式自由)
GLTP事務局 ias_gltp_mail(★を@に変更の上お送りください)
※様式は下記URLからダウンロードして下さい。
◆詳細URL:
アフリカでのグローバル人材育成プログラム募集のお知らせ
https://ias.unu.edu/jp/news/announcements/global_leadership_training_programme_africa2018.html#info

尚、2017年度に8カ国へ派遣された10名の学生による「研究成果報告会」を、以下の予定で開催致します。

◆日時:
2018年6月6日(水) 15:00~17:00
◆場所:
国連大学5階

※本事業にご関心のある学生の皆様にふるってご参加頂きたく、併せてご案内申し上げます。


国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)
GLTP事務局 ias_gltp_mail(★を@に変更の上お送りください)
〒150-8925 東京都渋谷区神宮前5-53-70
TEL:03-5467-1212 / FAX:03-3406-7347

【会員からの投稿】 日本行動計量学会第46回大会(9月3日-9月6日)発表・参加・チュートリアルセミナー申し込み開始のお知らせ (2018年4月10日)

日本行動計量学会第46回大会を下記の要領で開催致します。

日時:2018年9月3日(月))~9月6日(木)
場所:慶應義塾大学三田キャンパス(東京都港区三田2-15-45)

     https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

4月2日から、大会参加事前申込・一般発表申込・抄録原稿受付・チュートリアルセミナー参加申込など各種開始が開始されています。特別セッションの企画も引き続き募集しております。

特別セッションの企画、一般研究発表、参加申し込みなどは、すべて大会ウェブサイト
http://bsj.wdc-jp.com/2018/
を通して行います。

またチュートリアルセミナーについて本年度はテーマを二つ設けておりますので、積極的にお申込みください。

【チュートリアルセミナーに関する情報】

日時 2018年9月3日(月)
テーマA:14時15分~17時15分
テーマB:17時30分~20時30分

テーマA
テーマ:
はじめての継続時間分析と生存時間分析:人文社会科学やマーケティングへの応用
講師:
猪狩 良介 先生(法政大学経営学部)
テーマB
テーマ:
:ベイズ推論による機械学習入門:応用モデルの構築法を中心に
講師:
須山 敦志 先生((株)アクセンチュア)

【日程】

3/1(木)
特別セッション(口頭,ラウンドテーブル)の企画募集開始
4/2(月)
大会参加事前申込、一般発表申込、抄録原稿受付、
チュートリアルセミナー参加申込、各種開始
4/26(木)
特別セッション企画募集締め切り
5/31(木)
一般研究発表申込締め切り
6/18(月)
抄録原稿提出締め切り
6/29(金)
速報版プログラムのウェブ公開予定
7/27(金)
プログラム冊子送付予定
8/3(金)
事前参加申込締め切り
8/7(火)
事前参加費振込み締め切り
9/3(月)~9/6(木)
第46回大会(チュートリアルセミナーは3日)

【大会全般の問い合わせ】
第46回大会実行委員会 :bms2018taikai@gmail.com

一般財団法人東方学会 第63回国際東方学者会議(5/19、26)、第10回日中学者中国古代史論壇(5/19-20)のお知らせ (2018年4月8日)

一般財團法人東方學會より、5月19日(東京)と26日(京都)に開催される第63回国際東方学者会議と、5月19日ー20日に東京で開催される第10回日中学者中国古代史論壇のお知らせです。詳細は以下をご参照ください。

公益財団法人日本証券奨学財団より助成募集のご案内 (2018年4月8日)

公益財団法人日本証券奨学財団より、研究調査助成金と研究出版助成金についての公募のご案内です。
申込みの期間は、研究調査助成金が2018年4月1日から6月30日(必着)、研究出版助成金が2018年6月1日から9月30日(必着)となっております。

詳しくは以下のページをご覧下さい。

研究調査助成事業 | 公益財団法人日本証券奨学財団
http://www.jssf.or.jp/?page_id=11

【会員からの投稿】 広島大学 助教(テニュアトラック)公募のお知らせ (2018年3月29日)

 広島大学大学院国際協力研究科平和共生講座では助教(テニュアトラック)の公募を行っております。4月13日が締切となっておりますので、ご関心のある方はぜひご応募ください。詳細は下記をご参照ください。

Hiroshima University has an open position of assistant professor (tenure-track) at the Department of Peace and Coexistence, Graduate School for International Development and Cooperation. The application deadline is April 13, 2018. Please see the detail at the following site:

日米パートナーシップ・プログラム第5期奨学生募集開始のお知らせ (2018年3月27日)

日米パートナーシップ・プログラム
(旧安全保障研究奨学プログラム)
第5期奨学生募集開始

~若手研究者に対して奨学金を支給し、個別研究指導、国内、海外研修を提供~
※〆切2018年5月20日(日)応募書類必着

 平和・安全保障研究所は、国際交流基金日米センターの助成により、日本における安全保障研究の向上と若手研究者の育成に取り組んでいます。
 当プログラムは、若手研究者および実務者に対して奨学金(2年間で60万円)を支給し、また研究セミナー・海外研修を提供することにより、将来、日米関係の研究をリードする研究者や日米関係を担う実務者を育成することを目的としています。

【期間】
2018年7月~2020年7月までの2年間
【募集人数】
7名(書類審査及び面接により選考)
【対象】
若手研究者(原則として35歳以下)
【応募資格】
  1. 日本国籍を有すること。
  2. 関連する分野において修士またはそれと同等以上の学歴を有すること。
  3. プログラム開始時点(2018年7月)において原則として35歳以下であること。
  4. 日米関係に何らかの関わりのあるテーマについて、国際政治、国際安全保障、外交史、地域研究、あるいは国際機構などの研究をしているか、あるいは今後そうしたテーマについて研究する計画をもっていること。
     テーマは、広義の安全保障に関係するものであることが望ましい。または、官公庁やジャ-ナリズムなどにおいて日米関係、外交、日本の防衛に関する実務、分析、あるいは報道に従 事しているか、将来、こうした方面の実務に携わる予定であること。
  5. 英語で講義を受け討論に参加できること。
  6. オリエンテーション、夏期集中セミナー、定例セミナー、研修の全てに参加可能であり、かつ個別研究をプログラム修了までに確実に実施できること。

締め切りは5月20日(日)応募書類必着です。
詳細についてはこちらをご覧下さい。
 募集情報:http://www.rips.or.jp/fellowship/pg1717.html

◇問い合わせ先:
 一般財団法人 平和・安全保障研究所
 奨学プログラム担当 三百苅(さんびゃくがり)
 【TEL】03-3560-3293(直通)
 【E-mail】fellowship@rips.or.jp

【会員からの投稿】 防衛研究所職員(研究職)採用情報のお知らせ (2018年3月22日)

防衛研究所では、修士課程修了者(見込みを含む)を対象に、安全保障研究(戦略・政策)に関する調査研究業務に従事する職員(研究職)を募集しております。

詳細は以下のURLをご覧下さい。

<防衛研究所ホームページ・採用情報>
http://www.nids.mod.go.jp/employment/index.html

◇お問い合わせ先:
防衛省防衛研究所 企画部総務課人事第1係
電話:03-3268-3111(代表)内線:29141
Eメール:gaf-ws1@open.nids.mod.go.jp