【会員からの投稿】 日本外国特派員協会ブックブレーク 『日本の再興:国際関係における戦略パワー』(酒井英一・佐藤洋一郎編)開催のお知らせ (2018年8月9日)

日本外国特派員協会ブックブレーク
『日本の再興:国際関係における戦略パワー』(酒井英一・佐藤洋一郎編)

The FCCJ Book Break : Hidekazu Sakai and Yoichiro Sato, editors of
“Re-Rising Japan: Its Strategic Power in International Relations”

日本経済の「失われた20年」は、日本の国力衰退の印象を世界に与え、国際政治場裡で日本はあたかもマイナープレーヤーの如く扱われてきました。この傾向は海外の国際政治学者の間で特に強いものがあります。これとは対照的に「来りくる中国の覇権」が盛んに論じられており、この傾向は2010年代に入ってから強まっています。この度出版した Re-rising Japan: Its Strategic Power in International Relations (New York: Peter Lang, 2017) にて、編集者の酒井英一と佐藤洋一郎はこの様な世界の学界の傾向に挑戦します。世界中から中堅・若手の日本を専門とする研究者を糾合し、様々な角度から国際政治における日本の戦略的なパワーをこの本で論じました。勃興する中国と超大国アメリカとの国益衝突は至るところで始まっています。この様な覇権移行期における日本の強みとは何か。また弱みとは何か。そして日本はどこへ向かおうとしているのか?この講演では、これらの問いに答えるものになります。(講演は英語のみで行われます。)

Book Break : Yoichiro Sato and Hidekazu Sakai, editors of “Re-Rising Japan: Its Strategic Power in International Relations”
http://www.fccj.or.jp/events-calendar/book-breaks/icalrepeat.detail/2018/09/06/5014/31/book-break-yoichiro-sato-and-hidekazu-sakai-editors-of-re-rising-japan-its-strategic-power-in-international-relations.html?filter_reset=1
(日本外国特派員協会(FCCJ)のページに移動します)

【会員からの投稿】 著作新刊情報 Re-rising Japan: Its Strategic Power in International Relations (2018年8月9日)

タ イ ト ル Re-rising Japan: Its Strategic Power in International Relations
著 者 名Hidekazu Sakai, Yoichiro Sato, Thomas S. Wilkins, Paul Midford, Keiko Hirata, Lindsay Black, Charly von Solms, Kuniko Ashizawa, Michael R. Porter, Philip Streich, Kivilcim Erkan
出版社等 Peter Lang, New York, 2017年, 263ページ
問 合 先sakaihk_mail(★を@に置き替えてください)
投稿会員名酒井 英一
推 薦 文日本経済の「失われた20年」は、日本の国力衰退の印象を世界に与え、国際政治場裡で日本はあたかもマイナープレーヤーの如く扱われてきました。この傾向は海外の国際政治学者の間で特に強いものがあります。これとは対照的に「来りくる中国の覇権」が盛んに論じられており、この傾向は2010年代に入ってから強まっています。編集者の酒井英一と佐藤洋一郎はこの様な世界の学界の傾向に挑戦します。世界中から中堅・若手の日本を専門とする研究者を糾合し、様々な角度から国際政治における日本の戦略的なパワーをこの本で論じました。勃興する中国と超大国アメリカとの国益衝突は至るところで始まっています。この様な覇権移行期における日本の強みとは何か。また弱みとは何か。そして日本はどこへ向かおうとしているのか?この本は、これらの問いに答えるものになります。

【会員からの投稿】 新学術領域研究「グローバル関係学」 第二回若手研究者報告会および報告者募集のご案内(Call for Papers) (2018年8月6日)

新学術領域研究「グローバル関係学」
第二回若手研究者報告会および報告者募集のご案内
(Call for Papers)

 日本国際政治学会会員のみなさま

 本新学術領域事業「グローバル関係学」は、平成28年度より、千葉大学、東京外国語大学、立命館大学などの社会科学、人文科学の最先端の学者を結集して、「グローバル関係学」という新たな研究領域の確立を目指して研究を進めています。
 「グローバル関係学」事業では、 本新領域の問題意識・研究方向性を持つ若手研究者のプロジェクト外からのさらなる参画を、公募研究の募集(2018年秋募集予定)などの形で積極的に進めています。その一環として、毎年、プロジェクト外の研究者に広く研究報告を求める「グローバル関係学若手研究者報告会」を実施しています。
 昨年度の早稲田大学で開催された第一回報告会に続き、2018年度は以下の日程で、京都大学にて開催します。関係性に注目してグローバルな危機の解明、分析に取り組む画期的な若手研究者による報告を、、社会科学、人文科学、自然科学の分野を問わず、幅広く求めます。
 ぜひ積極的にご応募ください。

【若手研究報告会】

◆日時: 2018年12月8日・9日(土日)
◆場所: 京都大学稲盛財団記念館
◆参加費用: 無料
◆主催: 新学術領域研究「グローバル関係学」若手育成委員会
◆URL: http://www.shd.chiba-u.jp/glblcrss/activities/activities20180709.html

【若手研究報告者募集】

※報告会で報告を希望する方は、2018年10月8日迄に、下記三点を記載の上、https://ws.formzu.net/fgen/S86510717/ からお申込みください。

  1. 報告題
  2. 報告要旨(500~800字)
  3. 報告者氏名・所属・肩書・開催日時点での年齢
  • 基調報告、総括討論等もありますので、原則として両日参加いただくようにお願いします。
  • 報告者には旅費を支給する用意がありますので、希望される方はその旨を付記ください。
  • 応募者は45歳以下であること、および「グローバル関係学」の学問的趣旨を理解しその学術領域確立に貢献しうるとみなされる者とします。

たくさんのご応募をお待ちしております。

新学術領域研究「グローバル関係学」
http://www.shd.chiba-u.jp/glblcrss/index.html

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」 2018年度第4回募集のお知らせ (2018年8月1日)

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

◆第4回閲覧期間:
2018年12月-3019年2月 (1組 20日間まで利用可)
◆募集対象者:
大学または高等専門学校、公的研究所に所属する職員・研究者、大学院生
◆募集締切:
2018年9月28日
◆募集研究数:
放送博物館 6件、大阪放送局 3件

応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

【会員からの投稿】 日本行動計量学会第46回大会の情報更新と事前参加申し込み期限(8月3日)のお知らせ (2018年8月1日)

行動計量学会第46回大会事前参加申込締め切りが迫ってまいりましたので,お知らせいたします. 8月3日が事前参加申込締め切りとなっております.
早期振込であれば,チュートリアルセミナーでは1,000円,大会参加費では2,000円,懇親会では1,000円お安くなっております.
早期振り込みをお勧めしております.

参加申し込みは、すべて大会ウェブサイト
http://bsj.wdc-jp.com/2018/
を通して行います。

【大会開催要項】

日時:2018年9月3日(月))~9月6日(木)
場所:慶應義塾大学三田キャンパス(東京都港区三田2-15-45)

     https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

【大会日程】

1/25(木)
Web公開
3/1(木)
特別セッション(口頭,ラウンドテーブル)の企画募集開始
4/2(月)
大会参加事前申込、一般発表申込、抄録原稿受付、
チュートリアルセミナー参加申込、各種開始
4/26(木)
特別セッション企画募集締め切り
5/31(木)
一般研究発表申込締め切り
6/18(月)
抄録原稿提出締め切り
6/29(金)
速報版プログラムのウェブ公開予定
7/27(金)
プログラム冊子送付予定
8/3(金)
事前参加申込締め切り
8/7(火)
事前参加費振込み締め切り
9/3(月)~9/6(木)
第46回大会(チュートリアルセミナーは3日)
※ 諸事情により変更があるかもしれません

【大会シンポジウム】

日 時:
2018年9月5日(水)14時10分~15時40分
会 場:
慶應義塾大学三田キャンパス 西校舎ホール
タイトル:
行動経済学と行動計量学
司会・企画者:
星野崇宏(慶應義塾大学教授/理研AIPチームリーダー:日本行動 計量学会理事/行動経済学会常任理事)
講演者:
依田高典(京都大学教授:行動経済学会副会長)
 「行動経済学とフィールド実験の邂逅:けいはんな学研都市の節電 実験を中心に」
高橋泰城(北海道大学准教授:行動経済学会理事)
 「神経経済学・量子意思決定論による行動分析の展開」
竹村和久(早稲田大学教授:日本行動計量学会理事/行動経済学会 理事)
 「心理学と行動計量学・行動経済学の関係について」
討論者:
大垣昌夫(慶應義塾大学教授:行動経済学会常任理事/前会長)
繁桝算男(慶應義塾大学訪問教授/東京大学名誉教授:日本行動計 量学会理事・前理事長)
星野崇宏(慶應義塾大学教授/理研AIPチームリーダー:日本行動計量学会理事/行動経済学会常任理事)

【チュートリアルセミナーに関する情報】

日時 2018年9月3日(月)

テーマA:
はじめての継続時間分析と生存時間分析:人文社会科学やマーケティングへの応用(仮)
講師:
猪狩 良介 先生(法政大学経営学部)
テーマB:
:ベイズ推論による機械学習入門:応用モデルの構築法を中心に(仮
講師:
須山 敦志 先生((株)アクセンチュア)

【柳井レクチャー】

日 時:
2018年9月5日(水)15時50分~16時50分
会 場:
慶応義塾大学 西校舎ホール
タイトル:
多次元尺度構成法 ― 対称関係から非対称関係へ ―
講演者:
岡太 彬訓(立教大学名誉教授)
司会者:
吉野 諒三(統計数理研究所)

【大会全般の問い合わせ】
第46回大会実行委員会 :bms2018taikai@gmail.com

全国大学院生協議会よりアンケートご協力のお願い (2018年7月8日)

大学院生のみなさま

 突然のご連絡、失礼いたします。私たちは全国大学院生協議会(全院協)です。
 この度は、大学院生を対象にしたアンケート調査にご協力いただきたく、ご連絡いたしました。

 本調査は、全院協が、全国各大学の加盟院生協議会・自治会の協力の下に実施する、全国規模のアンケート調査です。本調査は、大学院生の研究及び生活実態を客観的に把握し、もってその向上に資する目的で行うものです。

 全院協では2004年度以来毎年、アンケート調査を行っており、今年で15回目です。調査結果は「報告書」としてまとめており、こうした調査結果をもとに関連省庁、国会議員及び主要政党等に対して、学費値下げや奨学金の拡充などの要請を行っております。また、本調査により明らかになった大学院生の深刻な実態は、これまで、NHKや朝日新聞をはじめとした各種マスメディアでも取り上げられ、社会的に大きな反響を呼びました。

大学院生の奨学金借入、「500万円以上」が25%
朝日新聞 2014年11月27日 朝刊

全国大学院生協議会まとめ 大学院生、6割が経済不安
毎日新聞 2014年12月1日 朝刊

大学院生 バイトで研究に支障
NHK生活情報ブログ 2012年11月30日
http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/800/139365.html

 学費・奨学金等の重大な問題が存在するにも関わらず、大学院生の実態に関する全国的な調査は、全院協以外では行なわれておりません。より多くの方々に回答いただき、調査の精度を高め、問題を広く社会に発信していくことの意義は今日一層高まっていると考えます。ご協力いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 本アンケート調査で得られた情報は、以上に述べた目的以外に使用されることはありません。また、個人が特定される形で調査結果をまとめることはありません。

回答は以下のページから行うことができます。

【アンケート回答フォームURL】 https://goo.gl/R4fUHk

期限は【2018年9月30日】です。

お忙しいところ恐縮ですが、ご協力よろしくお願い致します。

全国大学院生協議会
 〒186-0004 東京都国立市中2-1 一橋大学院生自治会室気付
 電話・FAX:042-577-5679
 E-mail:zeninkyo.jimu@gmail.com
 Twitter:@zeninkyo
 HP :http://zeninkyo.blog.shinobi.jp/
    (上記アンケートのURLが開けない場合はこちらから)

沖縄研究奨励賞 推薦応募のお知らせ (2018年7月8日)

沖縄研究奨励賞は、沖縄の地域振興及び学術振興に貢献する人材を発掘し、育成することを目的として、昭和54年に創設されました。
本奨励賞は、沖縄を対象とした将来性豊かな優れた研究(自然科学、人文科学、社会科学)を行っている新進研究者(又はグループ)の中から、 受賞者3名以内を選考し、奨励賞として本賞並びに副賞として研究助成金50万円を贈り表彰するものです。
応募資格は、学協会・研究機関若しくは実績のある研究者から推薦を受けた50歳以下(平成30年7月15日現在)の方で、出身地及び国籍は問いません。

◆応募資格
学協会・研究機関若しくは実績のある研究者から推薦を受けた50歳以下の者で、平成29年7月15日現在で50歳以下の者

◆応募方法

  1. 「沖縄研究奨励賞推薦応募用紙」
  2. 研究成果物(論文3点以内、著書がある場合は1冊)
  3. 研究成果物の要旨(それぞれA4判横書き各1,000字以内、要旨は日本語とする)
  4. 研究業績リスト(著書、論文等30点以内、A4横書き)

◆応募書類の提出先
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-7-3 文栄小川町ビル3F
公益財団法人沖縄協会 沖縄研究奨励賞係

◆応募期間
平成30年7月15日(当日消印から有効)~9月30日(当日消印まで有効)

◆受賞者発表
平成30年12月6日

◆贈呈式
贈呈式・平成31年1月24日
那覇市内のパシフィックホテル沖縄で開催します。
(受賞者には贈呈式の後、受賞記念講演を行っていただきます。)

詳細や応募用紙のダウンロードは、以下のURLより、ご覧下さい。

第40回(平成30年)沖縄研究奨励賞 推薦応募のお知らせ

http://www.okinawakyoukai.jp/publics/index/52/

「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局より、「女性研究者への支援」助成金のご案内 (2018年7月7日)

 「未来を強くする子育てプロジェクト」は、「子育てに関するさまざまな活動を通して子どもたちが育つ明るい未来を築いていこう」との趣旨でスタートし、10年以上にわたり事業を展開しております。そのひとつに「女性研究者への支援」事業があります。
 「女性研究者への支援」事業とは、子育てをしながら大学や研究所で活動をしておられる女性研究者を助成するというもので人文社会科学分野を専門とされている研究者を対象としております。
 事業詳細につきましては、下記URLにある当プロジェクトのWebサイトからご覧ください。

未来を強くする子育てプロジェクト 「女性研究者への支援」事業

http://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/women/

第12 回 未来を強くする子育てプロジェクト 女性研究者への支援 募集要項

◆趣旨
育児のため研究の継続が困難となっている女性研究者および、育児を行いながら研究を続けている女性研究者が、研究環境や生活環境を維持・継続するための助成金を支給します。人文・社会科学分野における萌芽的な研究の発展に期待する助成です。
◆対象
現在、育児のため研究の継続が困難な女性研究者および、子育てをしながら研究を続けている女性研究者を対象とし、次の要件を満たす方の中から決定します。
◆要件
  1. 人文・社会科学分野の領域で、有意義な研究テーマを持っていること。
  2. 原則として、応募時点で未就学児(小学校就学前の幼児)の育児を行っていること。
  3. 原則として、修士課程資格取得者または、博士課程在籍・資格取得者であること。
  4. 2名以上の推薦者がいること(うち1 名は、従事した、または従事する大学・研究所等の指導教官または所属長であることが必須)。
  5. 現在、大学・研究所等に在籍しているか、その意向があること。
  6. 支援を受ける年度に、他の顕彰制度、助成制度で個人を対象とした研究助成を受けていないこと(科研費・育児休業給付などは受給していても応募いただけます)。
  7. 受賞時に、氏名(本名)やご家族との写真、研究内容等を、新聞・雑誌、インターネット等での公表にご協力いただける方。また、マスコミなどからの取材にご協力いただける方。
※この事業では、過去の実績ではなく、子育てをしながら研究者として成長していく方を支援したいと考えています。そのため、研究内容のみで判断することはありません。

※国籍は問いませんが、応募資料等への記載は日本語に限ります。
◆応募方法
web サイトより応募用紙をダウンロードし基本情報をご記入の上、必要資料と一緒にお送りください。
  1. 応募用紙の記入事項
    1. 主な研究テーマ
    2. 今回応募の研究のタイトル
    3. 研究の目的と概要(400 字程度)
    4. 研究する上で一番困っていること(400 字程度)
    5. 研究計画書
    6. 子育ての状況
    7. 助成金の主な使途
    8. 略歴
    9. 助成取得の状況(過去・現在の奨学金、助成金の取得状況)
    10. 推薦書(2 名以上)
  2. 必要資料
    1. 最近の論文など、1、2 点。
    2. ※資料の点数は審査の対象になりません。
      資料類は角2 版封筒(A4 版が入る大きさ)に入る程度の量とします。
◆選考
事務局による選考の後、「未来を強くする子育てプロジェクト」選考委員による選考会を経て、受賞者を決定します。
◆選考委員
選考委員長 汐見 稔幸[東京大学名誉教授、日本保育学会会長]
選考委員 大日向 雅美[恵泉女学園大学学長]
奥山 千鶴子[特定非営利活動法人びーのびーの理事長]
米田 佐知子[子どもの未来サポートオフィス代表]
                            以上五十音順
古河 久人[住友生命保険相互会社 執行役常務]
◆発表
受賞者は、2019 年3 月に都内で実施予定の表彰式および「未来を強くする子育てプロジェクト」のweb サイト等で発表します。受賞者には2019 年1 月末までに直接ご連絡いたします。
◆表彰
◎スミセイ女性研究者奨励賞10 名程度
助成金として1 年間に100 万円(上限)を2 年間まで支給します。助成期間は2019 年4 月から2021 年3 月までの2 年間の予定です。
◆募集期間
2018 年7 月 9 日(月)~2018 年9 月7 日(金)必着
◆注意事項
  1. ご提出いただいた資料類は返却いたしませんのであらかじめご了承ください。
  2. 選考に関するお問合せには応じられませんのでご了承ください。
  3. 受賞者は、原則として、助成開始から半年後に近況報告、1 年後に研究活動の中間報告、2年目終了後に最終報告をしていただきます。2 年目の助成継続には、原則として助成要件を引き続き満たしていることが必要です。中間報告にて2 年目の助成継続可否を判断させていただきます。
  4. 受賞された方は、助成対象となる研究の発表時に、本助成を受けた旨を明示してください。
◆個人情報の取扱い
応募者の個人情報は、審査および運営に必要な範囲内で利用し、第三者へ提供することは一切ありません。応募者の同意なく、利用目的の範囲を越えて利用することはありません。
◆宛先・お問合せ先
「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋2-14-7 光ビル
電話:03-3265-2283(平日10:00~17:30)

2018年安倍フェローシップの奨学研究者募集のお知らせ (2018年6月24日)

国際交流基金日米センター(CGP)および米国社会科学評議会(SSRC)は、安倍フェローシップ・プログラムの申請公募を行ないます。

なお、安倍フェローシップ・プログラムの詳細につきましては、http://www.abefellowship.infoをご参照下さい。

また、プログラム内容およびオンライン申請についての疑問点にお答えする安倍フェローシップ申請説明会を東京(7月3日)、京都(7月9日)で開催をします。応募をお考えの方は是非ご参加ください。


Abe_fellowship_program

安倍フェローシップ個人研究プロジェクト募集
http://www.ssrc.org/fellowships/view/abe-fellowship/


国際交流基金日米センター (TheJapan Foundation Center for Global Partnership) および米国社会科学研究評議会(SocialScience Research Council)は、安倍フェローシップ・プログラムの申請公募を行ないます。

プログラムの目的

安倍フェローシップ・プログラムは、現代の地球的な政策課題で、かつ緊要な取り組みが必要とされる問題に関する学際的、国際的な調査研究の増進を目的としています。また、長期的に政策指向的研究に従事する新世代の研究者の成長を支援し、そのような政策課題をテーマとして共有する研究者の日米二国間ならびに全世界的ネットワークに主要なメンバーとして積極的に関わっていく人材の育成を目指しています。さらに、地球的な課題解決と国際理解増進に取り組む日米の学術、および専門家のコミュニティ間に新しい知的協力の場を築くことに重点がおかれています。

近年のフェローの詳細は こちら をクリックしてください。

研究課題

2015年度から対象となる研究課題が新しくなりました。 安倍フェローシップの対象となるプロジェクトは次の4つのテーマのいずれか1つ以上に該当する社会科学並びにその関連領域の研究とします。

  • 個人・社会・国際的な安全保障に対する脅威
  • 成長と持続的な発展
  • 社会・科学・文化のトレンドと変容
  • ガバナンス・エンパワーメントと市民参加

申請された研究プロジェクトの中に次の3つの特性、(1)政策関連性、政策指向性があること、(2)現代的な課題を扱っていること、(3)米国や日本に関する研究をより広範な学問分野や理論上の議論に引き上げるような比較研究的視点、あるいは国境を越える視点があること、が明示されていることを採用上の重要な基準とします。

支給条件

安倍フェローシップの支給条件は、研究者の各々異なるキャリア段階のニーズにこたえられるよう柔軟性を持った内容になっています。
フェローシップの受給期間は24ヶ月以内に3ヶ月以上12ヶ月を上限とすることになっております。
また、全フェローシップ受給期間、少なくとも3分の1以上を(米国また日本)で研究滞在しなければなりません。 せん。

申請資格

日本国籍または米国市民権の保有者、(もしくは他の国籍保有者で、日本または米国に長期にわたる研究拠点を有する者)を対象とします。 申博士号(Ph.D.)または専門分野での同等の研究実績を申請時に有している必要があります。
学者、研究者、または学界以外の分野(法曹界、ジャーナリズムなど)の専門家からの申請を歓迎します。
申請を募集しています - 申請締め切りは2018年9月1日米国東部標準時午後5時(日本標準時9月2日午前6時)です。

申請手続き

安倍フェローシップの申請はSSRCのホームページ上http://soap.ssrc.orgにてオンラインで受け付けています。詳しくは以下をご覧ください。

http://www.ssrc.org/fellowships/abe-fellowship/

安倍フェローシップ申請説明会

[東京説明会]

日時:2018年7月3日(火曜日)15時~16時30分

場所:国際交流基金(ジャパンファウンデーション)2階 ホール[さくら]

講師:荒木尚志(2012年安倍フェロー)東京大学大学院法学政治学研究科 教授

[京都説明会]

日時:2018年7月9日(月曜日)14時~15時30分

場所:京都大学 学術研究支援棟 地下会議室

講師:速水洋子(2015年安倍フェロー)京都大学東南アジア地域研究所 教授

参加ご希望の方はEメールまたはファックスで、氏名、所属、電話番号、Eメール、出席を希望する説明会(東京、京都)を明記の上、お申し込みください。

安倍フェローシップについて何かご質問等ございましたら、ご遠慮なくご連絡ください

ssrcABE@gol.com


米国社会科学研究評議会(SSRC)東京事務所
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
国際交流基金日米センター内
http://www.ssrc.org

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル研究発表会2018」 (7月14日)のお知らせ (2018年6月17日)

NHK番組アーカイブス学術利用トライアル
研究発表会2018 のお知らせ

 NHKアーカイブスの学術利用公開では、これまで150組の大学研究者の皆さまにご利用いただき、そこから67本の研究論文が生まれています。
 その状況を踏まえ、今年度より年1回の研究発表会を催すことになりました。毎回5組の研究者の方に、映像アーカイブ利用ならではの研究成果を、一部番組映像も使いながら発表していただきます。映像アーカイブ研究にご興味のある方は、どうぞご参加ください。

<今年度の開催>
【日時】 7月14日(土)13時~18時 
【場所】 東京港区愛宕  NHK放送博物館

★参加申込み等の詳細は、NHK番組アーカイブス学術利用トライアルホームページをご覧ください。

NHK番組アーカイブス学術利用トライアル
http://www.nhk.or.jp/archives/academic/