国立国会図書館 国際政策セミナー「雇用と賃金を考える――労働市場とEBPM」(2019年11月15日)開催のご案内 (2019年9月10日)

格差や貧困が各国で問題となる中で、我が国でも、その対策の一つとして、最低賃金の引上げが注目されています。国立国会図書館と東京大学大学院経済学研究科附属政策評価研究教育センターは、米国の著名な労働経済学者であるデイヴィッド・ニューマーク氏をお招きして、最低賃金の雇用や所得、そして広範な分野への影響をテーマとする国際政策セミナーを開催します。
日本の専門家を交えたパネルディスカッションでは、「証拠に基づく政策形成(EBPM)」の観点を含めて、労働市場や労働政策の今後について議論します。

https://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2019/190902_02.html
 ※ニュー ス・プレスリリース

◆日時:2019年11月15日 (金)14:00~17:00
◆場所:東京本館 新館講堂(定員300名)
◆プログラム:(日英同時通訳付き、入場無料)

◎基調講演 デイヴィッド・ニューマーク氏(カリフォルニア大学アーバイン校経済学部教授)

◎パネルディスカッション
【報告者・討論者】
川口大司(東京大学大学院経済学研究科教授・東京大学大学院
     経済学研究科附属政策評価研究教育センター(CREPE)長)
大石亜希子 氏(千葉大学大学院社会科学研究院教授)

【コーディネーター】
岩本 康志(国立国会図書館専門調査員・経済産業調査室主任)

◆申込方法:
国立国会図書館ホームページから、2019年11月13日 (水)までにお申し込みください。
国立国会図書館ホームページ>イベント・展示会情報>
国際政策セミナー(講演会)「雇用と賃金を考える―労働市場とEBPM(証拠に基づく政策形成)―」
URL https://www.ndl.go.jp/jp/event/events/ips2019.html

◆お問い合わせ:
〒100-8924 東京都千代田区永田町1-10-1
国立国会図書館調査及び立法考査局
調査企画課連携協力室(国際政策セミナー担当)
Email: ml-ipseminar@ndl.go.jp
TEL:03-3581-2331(代表)

【会員からの投稿】 公開シンポジウム「危機を超えて 地域研究からの価値の創造」開催(10月4日)のご案内 (2019年9月10日)

日本学術会議地域研究委員会地域研究基盤強化分科会では、以下の要領でシンポジウムを開催予定です。 地域研究に関心のある研究者や学生の皆様のご参加をお待ちしております。

シンポジウム
「危機を超えて 地域研究からの価値の創造」

◆主催:
日本学術会議地域研究委員会地域研究基盤強化分科会
◆共催:
地域研究学会連絡協議会(JCASA)
地域研究コンソーシアム(JCAS)
◆日時:
2019年10月4日(金)15:00~18:00
◆場所:
日本学術会議 講堂
(最寄り駅:東京メトロ千代田線・乃木坂駅5番出口)
http://www.scj.go.jp/ja/other/info.html
※予約不要、無料

<シンポジウム開催趣旨>
今日、世界各地では分断、対立、紛争の広まりが顕著である。これらの事象は、グローバルな格差の拡大や環境破壊、資源環境や国際環境の変化などと密接に結びついている。他方、そうした問題は、それぞれの地域社会の政治・経済や歴史、地理・自然条件など固有の側面に注目することで、具体的な解決の道が見えてくる場合も多い。このような中、特定の地域社会に研究対象を定め、その社会を専門的かつ総合的に理解することを目指してきた地域研究は、その基盤を維持しながらも、個別の地域やディシプリンを超えたより多層的・多元的なヴィジョンを提示することを期待されている。
本シンポジウムでは、地域研究者が自らの研究の中から、どのような価値を創造していくことができるかを議論する。

<プログラム>

第一部 15:00-16:35

【開会挨拶】
西崎文子(日本学術会議第一部会員、東京大学大学院総合文化研究科教授)
【報告】
「地域研究と新たな価値の創造 それぞれの地域から」
桜井啓子(日本学術会議連携会員、早稲田大学国際学術院教授)
「中東研究とイスラーム 地域と宗教の関係に学ぶ中東の多様性」
湖中真哉(静岡県立大学国際関係学部国際関係学科教授)
「危機を受容する価値観 アフリカ遊牧社会で人道支援とレジリアンスを考える」
竹沢泰子(日本学術会議連携会員、京都大学人文科学研究所教授)
「アメリカ研究から考える環太平洋の人種経験 環大西洋との比較から」
川島真(日本学術会議連携会員、東京大学大学院総合文化研究科教授)
「日本の中国研究・台湾研究の意義 アジアにおける中国・台湾研究の進展の中で」
窪田幸子(日本学術会議第一部会員、神戸大学大学院国際文化学研究科教授)
「先住民研究とオーストラリア グローバルな視座と地域」
高倉浩樹(日本学術会議第一部会員、東北大学大学院東北アジア研究センター教授)
「北極域の気候変動研究からの視座」
【休憩】

第二部 16:45-18:00 

【パネルディスカッション】
「地域研究の協働のあり方を考える 基本理念・体制構築・社会貢献」
・パネリスト
  • 宮崎恒二(日本学術会議第一部会員、東京外国語大学名誉教授)
  • 武内進一(日本学術会議連携会員、東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター長、日本貿易振興機構アジア経済研究所上席主任研究員)
  • 小長谷有紀(日本学術会議連携会員、日本学術振興会監事、国立民俗学博物館客員教授)
  • 河野泰之(日本学術会議連携会員、京都大学東南アジア地域研究研究所教授)
  • 宇山智彦(日本学術会議連携会員、北海道大学大学院スラブ・ユーラシア研究センター教授)
・司会 西崎文子

以上

【アジア経済研究所】2020年度採用リサーチ・アソシエイト(RA)(非常勤嘱託員) 募集のお知らせ (2019年9月10日)

アジア経済研究所では、2020年度採用 リサーチ・ アソシエイト RA 非常勤嘱託員(2020年4月入所)の募集を行っております。
詳しい募集情報は以下のURLをご覧下さい。

採用・募集情報:リサーチ・アソシエイト(RA)(非常勤嘱託員)
https://www.ide.go.jp/Japanese/Recruit/RA.html

【問合せ先】
日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所
研究企画部 研究人材課
E-mail: ide-recruit@ide.go.jp
※なお、お問い合わせはできるだけ上記メールアドレス宛にお願い致します。

広島市立大学平和学研究科 「ヒロシマ平和セミナー2019」及「進学説明会」(10月5日)のご案内 (2019年9月10日)

広島市立大学平和学研究科
ヒロシマ平和セミナー2019・進学説明会

この度、広島市立大学大学院平和学研究科では、教員によるセミナー及び進学説明会を開催します。

◆日時:
2019年10月5日(土)
13:30~15:10 ヒロシマ平和セミナー2019
講演 I 「北東アジアの信頼関係の構築―北朝鮮の非核化への道」
孫 賢鎮 准教授
講演 II 「日中関係の正常な軌道とは何か?」
徐 顕芬 准教授
13:30~15:10 進学説明会
・平和学研究科の全体説明
・教員による個別相談(希望者のみ)
◆場所:
広島市立大学サテライトキャンパス セミナールーム
(広島市中区大手町4‐1‐1 大手町平和ビル9階)
◆申込方法:
氏名(フリガナ)・電話番号/FAX/Eメールアドレス・参加区分(セミナーのみ参加、セミナーと進学説明会に参加、進学説明会のみ参加、のいずれか)を記入の上、FAXまたはEメールにてお申し込みください。(申込多数の場合は、進学説明会にご参加いただける方を優先させていただきますので予めご了承ください。)
◆締切
2019年10月3日(水)
◆申込先
広島市立大学広島平和研究所 担当:野村・秋嶋
TEL: 082-830-1811 FAX: 082-830-1812
Email: office-peace*m.hiroshima-cu.ac.jp
(実際にEメールを送られる際には、*を@にしてお送りください。)

平和学研究科 進学説明会 2019
https://www.hiroshima-cu.ac.jp/peace_j/category0014/c00015009/

20191005Flyer

第15回 松下幸之助国際スカラシップフォーラム(10/12)のご案内 (2019年8月25日)

 公益財団法人松下幸之助記念志財団では、1998年度より日本人学生のアジア・アフリカ・ラテンアメリカへの留学助成を行っております。留学修了者の成果発表の場である松下幸之助国際スカラシップフォーラムについては、毎年10月に開催しており、本年も次の要領で開催する運びとなりました。

日時:2019年10月12日(土) 13:00 - 17:00
場所:東京大学 本郷キャンパス 弥生講堂 一条ホール

 フォーラムの会場にはスカラシップ相談ブースを設け、来年度以降の更なるスカラシップ事業の強化を図ります。みなさまのご参加をお待ちしております。
 詳細は以下ののチラシにてご確認ください。

公益財団法人 松下幸之助記念志財団 事務局
電話:06-6908-4488
E-Mail:ajisuka@gg.jp.panasonic.com

第41回沖縄研究奨励賞 推薦応募のお知らせ (2019年8月25日)

沖縄研究奨励賞は、沖縄の地域振興及び学術振興に貢献する人材を発掘し、育成することを目的として、昭和54年に創設されました。
本奨励賞は、沖縄を対象とした将来性豊かな優れた研究(自然科学、人文科学、社会科学)を行っている新進研究者(又はグループ)の中から、 受賞者3名以内を選考し、奨励賞として本賞並びに副賞として研究助成金50万円を贈り表彰するものです。
応募資格は、学協会・研究機関若しくは実績のある研究者から推薦を受けた50歳以下(2019年7月15日現在)の方で、出身地及び国籍は問いません。

◆応募資格
学協会・研究機関若しくは実績のある研究者から推薦を受けた50歳以下の者で、2019年7月15日現在で50歳以下の者

◆応募方法

  1. 「沖縄研究奨励賞推薦応募用紙」
  2. 研究成果物(論文3点以内、著書がある場合は1冊)
  3. 研究成果物の要旨(それぞれA4判横書き各1,000字以内、要旨は日本語とする)
  4. 研究業績リスト(著書、論文等30点以内、A4横書き)

◆応募書類の提出先
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-7-3 文栄小川町ビル3F
公益財団法人沖縄協会 沖縄研究奨励賞係

◆応募期間
2019年7月15日(当日消印から有効)~9月30日(当日消印まで有効)

◆受賞者発表
2019年12月上旬

◆贈呈式
贈呈式・2020年1月下旬
那覇市内のパシフィックホテル沖縄で開催します。
(受賞者には贈呈式の後、受賞記念講演を行っていただきます。)

詳細や応募用紙のダウンロードは、以下のURLより、ご覧下さい。

沖縄研究奨励賞 推薦応募のお知らせ

http://www.okinawakyoukai.jp/publics/index/52/

【会員からの投稿】 日仏政治学会(第67回研究会、8月3日)のお知らせ (2019年7月14日)

◆日時:
2019年8月3日(土)14:30~16:30
◆場所:
明治大学駿河台キャンパス 研究棟2階 第9会議室
https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
(キャンパスマップ)
◆報告者:
土倉莞爾氏(関西大学名誉教授)
◆テーマ:
マリーヌ・ルペンとエマニュエル・マクロン:
「ポピュリズムの現代」について(仮題)
※参考
報告者の土倉先生は、本年3月に単著『ポピュリズムの現代-比較政治学的考察-』(関西大学出版部)を公刊されています。
http://www.kansai-u.ac.jp/Syppan/product/detail_product.php?control=2&tbl_product_autono=686
◆お問い合せ先:
日仏政治学会 事務局(societe.fr.jp.sciencespo@gmail.com)

【会員からの投稿】 李元徳・国民大学教授 講演会「危機の日韓/韓日関係―緊急診断と今後の展望」(7月20日)のお知らせ (2019年7月11日)

◆講演会タイトル: 「危機の日韓/韓日関係―緊急診断と今後の展望

◆講  師: 李元徳(国民大学教授)

◆日時:
2019年7月20日(土)16:30~18:30
◆会場:
東京大学駒場Iキャンパス 21 KOMCEE EAST 2階211教室
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_55_j.html
(キャンパスマップ)
※7/14 会場が変更になりました。
◆主催:
科研(新学術領域研究)・市民による歴史問題の和解をめぐる活動とその可能性についての研究
◆共催:
東京大学大学院総合文化研究科 グローバル地域研究機構 韓国学研究センター
◆言語:
日本語(通訳なし)

◆参加手続き: 事前登録要(受付回答なし)メール連絡先:cks@iags-cks.c.u-tokyo.ac.jp

◆趣旨
 昨年10月30日の、強制動員被害者をめぐる韓国大法院判決以降、日韓関係は悪化し、葛藤の解決の糸口が見いだせない状況にあります。このたび、日韓/韓日関係について、歴史、国際関係を踏まえて研究を続けてこられた李元徳・国民大学教授をお招きして講演会を開催いたします。当日は強制動員被害者問題に焦点を当てつつ、広い視野から両国関係悪化の構造的背景、原因の診断、改善の展望をお話しいただく予定です。

◆講師経歴
1962年生まれ。ソウル大学校卒、東京大学大学院総合文化研究科修了。
世宗研究所などを経て国民大学日本学科教授・日本学研究所前所長。
著書として『韓日過去史処理の原点』(ソウル大学校出版部、1996年)。
編著として『日韓関係史 1965-2015』(東京大学出版会、2015年)など。

「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局より、「女性研究者への支援」助成金のご案内 (2019年7月11日)

 「未来を強くする子育てプロジェクト」は、「子育てに関するさまざまな活動を通して子どもたちが育つ明るい未来を築いていこう」との趣旨でスタートし、10年以上にわたり事業を展開しております。そのひとつに「女性研究者への支援」事業があります。
 「女性研究者への支援」事業とは、子育てをしながら大学や研究所で活動をしておられる女性研究者を助成するというもので人文社会科学分野を専門とされている研究者を対象としております。
 事業詳細につきましては、下記URLにある当プロジェクトのWebサイトからご覧ください。

未来を強くする子育てプロジェクト 「女性研究者への支援」事業

http://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/women/

第13 回 未来を強くする子育てプロジェクト 女性研究者への支援 募集要項

1. 趣旨
育児のため研究の継続が困難となっている女性研究者および、育児を行いながら研究を続けている女性研究者が、研究環境や生活環境を維持・継続するための助成金を支給します。人文・社会科学分野における萌芽的な研究の発展に期待する助成です。
2. 対象
現在、育児のため研究の継続が困難な女性研究者および、子育てをしながら研究を続けている女性研究者を対象とし、次の要件を満たす方の中から決定します。
3. 要件
  1. 人文・社会科学分野の領域で、有意義な研究テーマを持っていること。
  2. 原則として、応募時点で未就学児(小学校就学前の幼児)の育児を行っていること。
  3. 原則として、修士課程資格取得者または、博士課程在籍・資格取得者であること。
  4. 2名以上の推薦者がいること(うち1名は、従事した、または従事する大学・研究所等の指導教官または所属長であることが必須)。
  5. 現在、大学・研究所等に在籍しているか、その意向があること。
  6. 支援を受ける年度に、他の顕彰制度、助成制度で個人を対象とした研究助成を受けていないこと(科研費・育児休業給付などは受給していても応募いただけます)。
  7. 受賞時に、氏名(本名)やご家族との写真、研究内容等を、新聞・雑誌、インターネット等での公表にご協力いただける方。また、マスコミなどからの取材にご協力いただける方。
※この事業では、過去の実績ではなく、子育てをしながら研究者として成長していく方を支援したいと考えています。そのため、研究内容のみで判断することはありません。

※国籍は問いませんが、応募資料等への記載は日本語に限ります。
4. 応募方法
web サイトより応募用紙をダウンロードし基本情報をご記入の上、必要資料と一緒にお送りください。
  1. 応募用紙の記入事項
    1. 主な研究テーマ
    2. 今回応募の研究のタイトル
    3. 研究の目的と概要
    4. 研究する上で困っていること
    5. 研究計画書と助成金の主な使途(1年目・2年目)
    6. 研究者としての将来のビジョン
    7. 略歴
    8. 成果・実績
    9. 助成取得の状況(過去・現在の奨学金、助成金の取得状況)
    10. 推薦書(2 名以上)
  2. 必要資料
    1. 最近の論文など、1、2 点。
    2. ※資料の点数は審査の対象になりません。
      資料類は角2 版封筒(A4 版が入る大きさ)に入る程度の量とします。
5. 選考
事務局による選考の後、「未来を強くする子育てプロジェクト」選考委員による選考会を経て、受賞者を決定します。
6. 選考委員
選考委員長 汐見 稔幸[東京大学名誉教授、日本保育学会会長]
選考委員  大日向 雅美[恵泉女学園大学学長]
奥山 千鶴子[認定NPO法人びーのびーの理事長]
米田 佐知子[子どもの未来サポートオフィス代表]
                            以上五十音順
高田 幸徳[住友生命保険相互会社 執行役常務]
7. 発表
受賞者は、2020年3月に都内で実施予定の表彰式および「未来を強くする子育てプロジェクト」のwebサイト等で発表します。受賞者には2020年1月末までに直接ご連絡いたします。
8. 表彰
◎スミセイ女性研究者奨励賞 10名程度 助成金として1年間に100万円(上限)を2年間まで支給します。助成期間は2020年4月から2022年3月までの2年間の予定です。
9. 募集期間
2019 年7 月8 日(月)~2019 年9 月6 日(金)必着
10. 注意事項
  1. ご提出いただいた資料類は返却いたしませんのであらかじめご了承ください。
  2. 選考に関するお問合せには応じられませんのでご了承ください。
  3. 受賞者は、原則として、助成開始から半年後に近況報告、1年後に研究活動の中間報告、2年目終了後に最終報告をしていただきます。2年目の助成継続には、原則として助成要件を引き続き満たしていることが必要です。中間報告にて2年目の助成継続可否を判断させていただきます。
  4. 受賞された方は、助成対象となる研究の発表時に、本助成を受けた旨を明示してください。
11. 個人情報の取扱い
応募者の個人情報は、審査および運営に必要な範囲内で利用し、第三者へ提供することは一切ありません。応募者の同意なく、利用目的の範囲を越えて利用することはありません。
12. 宛先・お問合せ先
「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋2-14-7 光ビル
電話:03-3265-2283(平日10:00~17:30)

グローバル・フォーラム第1回欧州政策パネル「欧州議会選挙後の欧州の行方:デモクラシーの底力」(7月24日)のご案内 (2019年7月9日)

グローバル・フォーラム第1 回「欧州政策パネル」
欧州議会選挙後の欧州の行方:デモクラシーの底力

◆日時:
2019年7月24日(水)17:00~19:00 (開場:16:30)
◆場所:
明治記念館「丹頂の間」
(東京都港区元赤坂2-2-23 電話: 03-3746-7711)
◆参加費:
無料(要予約)
◆主催:
グローバル・フォーラム(GFJ)
◆協力:
グローバル・ガバナンス学会
◆プログラム:
下記PDFファイル参照

ご出席希望の方は、以下の案内状をご確認の上、7月22日(月)までにEメール(dialogue@gfj.jp)あるいはFAX にて当フォーラム事務局宛(担当:高畑)にその旨をご連絡ください。