【会員からの投稿】 著作新刊情報 Re-rising Japan: Its Strategic Power in International Relations (2018年8月9日)

タ イ ト ル Re-rising Japan: Its Strategic Power in International Relations
著 者 名Hidekazu Sakai, Yoichiro Sato, Thomas S. Wilkins, Paul Midford, Keiko Hirata, Lindsay Black, Charly von Solms, Kuniko Ashizawa, Michael R. Porter, Philip Streich, Kivilcim Erkan
出版社等 Peter Lang, New York, 2017年, 263ページ
問 合 先sakaihk_mail(★を@に置き替えてください)
投稿会員名酒井 英一
推 薦 文日本経済の「失われた20年」は、日本の国力衰退の印象を世界に与え、国際政治場裡で日本はあたかもマイナープレーヤーの如く扱われてきました。この傾向は海外の国際政治学者の間で特に強いものがあります。これとは対照的に「来りくる中国の覇権」が盛んに論じられており、この傾向は2010年代に入ってから強まっています。編集者の酒井英一と佐藤洋一郎はこの様な世界の学界の傾向に挑戦します。世界中から中堅・若手の日本を専門とする研究者を糾合し、様々な角度から国際政治における日本の戦略的なパワーをこの本で論じました。勃興する中国と超大国アメリカとの国益衝突は至るところで始まっています。この様な覇権移行期における日本の強みとは何か。また弱みとは何か。そして日本はどこへ向かおうとしているのか?この本は、これらの問いに答えるものになります。