国際交流員会からのお知らせ(日中韓フォーラムにおける大学院生会員の報告者募集) (2017年4月2日)

日中韓フォーラムにおける大学院生会員の報告者募集
(5月12日~13日 於:韓国ソウル 漢陽大学)

韓国国際政治学会(KAIS)から当学会にご連絡があり、以下の要領で、急ぎ次世代リーダーズフォーラムにおける大学院生会員の報告者(使用言語は英語)を募集いたします。

報告希望者は4月14日(金)までにA4シングルスペース1枚程度の英文報告要旨を添付のうえ、件名を「日中韓フォーラム報告希望」としたメールに、氏名・所属・連絡先メールアドレス・専門分野・既発表の論文(あれば主要3点まで)を明記して、日本国際政治学会・一橋事務所宛jair-sec_mail(★を@に置き替えてください)にお送りください。

採否は4月22日(土)頃までにお知らせいたします。
大学院生会員の積極的なご応募をお願いいたします。

  1. フォーラム名、主催
    「トランプ時代の韓中日葛藤克服と新協力時代構想:専門家と次世代リーダーの会合」
    “Trump’s America and Asia’s Contested Order: Expert Meetings and Young Leaders’ Forum”

    韓国国際政治学会(KAIS)と韓国国際交流財団の共同主催
  2. 日時・場所
    2017年5月12日(金)~13日(土)、韓国ソウル漢陽大学
    (次世代リーダーズフォーラムは13日開催。12日は専門家フォーラムで日本からは、久保文明先生、道下徳成先生、寺田貴先生がご登壇予定)
  3. 次世代リーダーズフォーラムにおける日本国際政治学会からの院生会員報告者募集:
    テーマと人数
    1. 北東アジア安全保障と日中韓協力についてのセッションの報告者3名
    2. 北東アジア経済と日中韓協力についてのセッションの報告者3名
    3. 北東アジア非伝統的安全保障(社会、文化交流、歴史問題など)と日中韓協力についてのセッションの報告者3名
    4. (中国からは北京大学、清華大学、人民大学から大学院生9名、韓国から大学院生9名が報告予定)
  4. 大学院生報告者の義務
    • A4シングルスペース2~3ページ程度の英文ペーパーを5月3日(水)までに要提出。
    • 13日午前中3時間の各セッションにつき、日中韓からそれぞれ3名、合計9名が報告とディスカッション、午後1時間半のまとめのセッションにも参加(使用言語は英語)。
    • ご帰国後1ヶ月以内に各セッションの日本からの報告者代表1名ずつに、ニュースレター掲載用に日本語で1000字程度の短い参加報告を国際政治学会一橋事務所にメールで提出していただきたいと思います。
  5. 先方の対応
    報告者には5月11日から3泊の宿泊先(漢陽大学ゲストハウス)と航空券を提供

以上です

(国際交流委員会主任 都丸潤子)