国際交流委員会

国際交流委員会からのお知らせ(日中韓フォーラム概要報告) (2017年6月26日) 

日中韓・次世代リーダーズフォーラムにおける
会員(入会予定者を含む)の報告について

 当学会では、韓国国際政治学会(KAIS)からの9名派遣依頼にもとづき、下記学術会議の次世代リーダーズフォーラムでの報告者を、国際交流委員会で応募資格を限定のうえ募集・選考して9応募を採択し、直前に体調不良で出席を断念されたお1人を除いて8人が出席されましたので、以下に報告させていただきます。
 周知・お声がけにご尽力くださった会員の皆様、応募者・報告者の皆様に深く御礼申し上げます。
 各セッションの内容については、参加者からの報告を次々号のニューズレターに掲載していただく予定です。

  1. 会議名称:
    「トランプ時代の韓中日葛藤克服と新協力時代構想:専門家と次世代リーダーの会合」
    “Trump’s America and Asia’s Contested Order: Expert Meetings and Young Leaders’ Forum”
  2. 主催者:韓国国際政治学会(KAIS)と韓国国際交流財団の共同主催
         (航空運賃・漢陽大学ゲストハウス宿泊費用は主催者より支給)
  3. 日時・場所
    2017年5月12日(金)~13日(土)、韓国ソウル漢陽大学
    (12日は専門家フォーラム、次世代リーダーズフォーラムは13日開催)
  4. 日本国際政治学会・国際交流委員会への応募資格:
    大学院生会員、専任のポストになく40歳以下のポスドク会員
    上記条件を満たす入会予定の方
  5. 5月13日 次世代リーダーズフォーラム(午前は3分野別セッション報告とディスカッション、午後は全体での総括議論)
    日本からの参加者・報告題目
    1. Session I Security Relations
      • 秋山肇(国際基督教大学大学院博士後期課程/日本学術振興会特別研究員)
        ‘Enforcement and Securitisation of Nationality: The Japanese Nationality Policy on Koreans during the Colonial Era’
        (第3セッションで報告予定のところKAIS側の要請で移動)
      • 中舛僚(立命館大学大学院博士前期課程)
        ‘The Maritime Safety Cooperation of Asia:Fusion of an Arc and a Road by Three Countries in Northeast Asia’
      • (本セッションでは、ほかに韓国から3名、中国から4名などが報告)
    2. Session II Economic Relations
      • 熊倉潤(日本学術振興会海外特別研究員・在台湾)
        ‘China’s “One Belt One Road”, Global Governance and Security’
      • 張暮輝(東京大学大学院博士後期課程)
        ‘Who are Winners and Who are Losers?: Progress and Challenges for the China-Japan-Korea (CJK) Trilateral FTA’
      • (本セッションでは、ほかにソウル国立大学留学中の日本人1名、韓国から4名、中国から4名などが報告)
    3. Session III Nontraditional Security Relations
      • 木村英里菜(神戸大学大学院博士前期課程)
        ‘Japans’ Public Diplomacy towards Asia-Pacific Region: The Issues of Exchange Diplomacy and Cultural Diplomacy in the 21st Century’
      • 佐藤雪絵(早稲田大学大学院博士前期課程)
        ‘Possibility of Historical Reconciliation in East Asia: Lessons from the Korean Experience of the Gwangju Uprising’
      • 髙橋優子(九州大学大学院博士後期課程)
        ‘Koreans and Japanese United to Support Korean A-bomb Survivors: Identities and their interaction’
      • 内山雅之(立命館大学大学院博士前期課程)
        ‘Reconsideration of Pan-Asianism: Study of Okakura Tenshin’
      • (本セッションでは、ほかに韓国から3名、中国から4名などが報告)

(国際交流委員会)




国際交流委員会からのお知らせ(国際学術交流助成申請の公募について) (2017年5月26日) 

2016年度国際学術交流申請のご案内

 2017年度国際学術交流助成への申請を、以下の通り公募いたします。

【申請資格】

 申請年度を含め継続して2年以上会費を納入している会員。なお選考に当たっては40歳前後までの若手研究者を優先します。一度助成を受けた方は、それ以降9回は申請できません。また、海外発信強化助成(海外学会等報告支援)の助成を受けた方も、それ以降4年以内は申請できません。

【助成対象】

 原則として申請期限後1年以内に海外で開催される学会等における研究報告(司会、討論者は対象外)。また、海外会員が海外(日本あるいは居住地を含む)で行う研究報告も助成対象となります。

【申請方法】
  1. 申請用紙と「申請上の注意」は学会HPの「国際学術交流助成」からダウンロード可能。ダウンロードできない場合は、下記2の方法により入手してください。
  2. 下記学会事務所宛に返信代切手を貼付した返信用封筒を同封の上、申請用紙送付をご請求ください。
  3. 申請用紙に必要事項を記入し、「申請上の注意」に記載されている必要書類(プログラムの写し、旅費の見積もり、等)を同封して、期日(必着)までに郵送してください。
【申請期限】

第1回:2017年6月29日(木)必着
第2回:2017年11月30日(木)必着

【申請先】

〒186-8601
国立市中2-1 一橋大学第三研究館内
日本国際政治学会事務局 一橋大学事務所宛

【決定通知】

 申請締切から2ヵ月以内に採否を通知する予定です。1件当たりの助成額は、当該年度予算、申請額、採用件数、申請者居住地(海外会員の場合)などにより異なりますが、おおむね渡航先が欧米の場合は10万円、アジアの場合は5万円となります。
 なお、お問い合わせは一橋大学事務所までお願いいたします。

(国際交流委員会主任 都丸潤子)




国際交流委員会よりお知らせ(ISA年次大会のパネルの公募について) (2017年4月27日) 

国際交流委員会からのお知らせ(日中韓フォーラムにおける大学院生・ポスドク会員の報告者募集の対象拡大・継続) (2017年4月22日) 

国際交流委員会からのお知らせ(日中韓フォーラムにおける大学院生会員の報告者募集) (2017年4月2日) 

国際交流委員会からのお知らせ(WISC国際ワークショップとEISAサマースクール参加募集について) (2017年3月6日) 

【緊急募集】 国際交流委員会からのお知らせ(2016年度 海外発信強化助成(海外研究者国内旅費)の公募について) (2016年11月25日) 

【緊急募集】 国際交流委員会からのお知らせ(2016年度 海外発信強化助成(海外研究者招聘)の公募について) (2016年11月25日) 

【緊急募集】 国際交流委員会からのお知らせ(2016年度 海外発信強化助成(海外学会等報告支援)の公募について) (2016年11月25日) 

国際交流委員会からのお知らせ(WISC第5回世界大会へのパネル等公募のご案内) (2016年6月8日) 

国際交流委員会よりお知らせ(WISCからの台湾でのワークショップでのパネル公募について) (2016年5月26日) 

国際交流委員会よりお知らせ(ISA年次大会のパネルの公募について) (2016年4月30日) 

国際交流委員会からのお知らせ(国際学術交流助成申請の公募について) (2016年4月30日) 

国際交流委員会からのお知らせ(ベオグラード安全保障フォーラムからの報告者の募集) (2016年3月3日) 

国際交流委員会からのお知らせ(第5回Global International Studiesの報告者の募集) (2016年3月3日) 

国際交流委員会よりお知らせ(EISA年次大会のJAIRパネルの公募について) (2015年12月11日) 

国際交流委員会からのお知らせ(国際学術交流助成申請の公募について) (2015年4月6日) 

国際交流委員会からのお知らせ(2015年度 海外発信強化助成(海外学会等報告支援)の公募について) (2014年11月27日) 

国際交流委員会からのお知らせ(2015年度 海外発信強化助成(海外研究者国内旅費)の公募について) (2014年11月27日) 

国際交流委員会からのお知らせ(2015年度 海外発信強化助成(海外研究者招聘)の公募について) (2014年11月27日) 

国際交流委員会からのお知らせ(国際学術交流助成(海外研究者招聘)の公募について) (2014年9月26日) 

国際交流委員会よりお知らせ(ISA年次大会のパネルの公募について) (2014年4月22日) 

国際交流委員会からのお知らせ (2009年12月6日)

国際交流委員会からのお知らせ (2009年8月29日)

2009年度国際学術交流基金助成申請公募のご案内 (2009年3月17日)

get adobe readerPDFファイルの閲覧にはAdobe Reader等の閲覧ソフトをダウンロード・インストールする必要があります。閲覧用ソフトは、無償でダウンロード・インストールできます。