編集委員会

『国際政治』第200号「オルタナティヴの模索――問い直す国際政治学」:具体的テーマ例のご案内 (2018年11月28日) 

『国際政治』200号の特集「オルタナティヴの模索――問い直す国際政治学」について、より具体的なテーマとしてどのようなものが想定されうるのか、問い合わせもございますので、その例を幾つかお知らせいたします。もちろん、このようなテーマでなければならないわけではありませんが、投稿のテーマを検討する際の一助としていただければ幸いです。

1.日本の歴史経験を政策論的な再定位を試みる論考。
たとえば……
「安全保障としての関係修復」
~多国間戦争の敗戦国にとって、関係修復(典型的には講和条約の締結)は、講和後に維持して行く現状について関係諸国の同意を確認するために欠かせない。軍備や同盟と同様に、国際関係において維持するべき現状にとっての脅威を削減する安全保障の目的達成の手段の一つとして関係修復を位置づけなおし、あらためて安全確保の条件を総合的に考察する。
2.日本外交における制度化された慣行の理論化を試みる論考。
たとえば……
「事前協議の建前と現実」
~日米安全保障条約改訂の際の「岸・ハーター交換公文」(1960年)の規定した事前協議制度は、民主主義国間のコミットメントの装置として、国内的に、そして国際的にどのような効果を持ったと評価できるだろうか。2009年から2010年にかけての密約調査の結果なども踏まえて検討する。
3.国際政治・国際法・比較政治の学際的架橋を試みる論考。
たとえば……
「弱者の保護と強者の処罰」
~国際社会は、多国間の決議や条約などを通じて、保護の対象や訴追の対象を「定義」してきた。数ある選択肢のうち、なぜ、特定の定義が採用されたのか。そしてその定義は、国内、国家間にいかなる政治過程を生み出したのか。
4.地域研究「論」。
たとえば……
日本における「中国」研究は、欧米あるいは他のアジア諸国における「中国」研究と、なぜ、どのように異なるのか。相違点とその構造的な背景などを検証する。

以上、『国際政治』200号・特別編集委員会

『国際政治』200号・特集「オルタナティヴの摸索―問い直す国際政治学―」に 関する懇談会(1月6日・参加自由)のお知らせ (2018年11月28日) 

 本学会の機関誌『国際政治』も200号を迎え、それを記念した特集号を企画しており、すでに会員の皆様に投稿の募集をしているところです。
http://jair.or.jp/committee/henshu/2953.html

 200号の特集では、日本国際政治学会における研究を改めて問い直し、一層の改善を試み、あるいは新たな問題提起を行い、現時点の本学会ならではの研究課題や考察方法、分析手法などを提示できないかと考えております。

 これは、本特集号に応募を考えておられる会員だけでなく、多くの会員にも関心を寄せていただけるところだと存じます。つきましては、投稿を希望されている会員だけでなく、広く会員の皆様にご参加いただき、上記の特集企画の趣旨について、会員間で忌憚なく対話をし、議論を深める場を持ちたいと考えております。

 同時に、企画の趣旨を詳細に説明いたすとともに、200号の編集の方針を紹介する機会を兼ねておりますので、投稿を検討されている会員は、是非ご参加いただければ幸いです。

 また本特集では、本学会における研究の課題や研究方法をできるだけ網羅する観点から、若干の会員に原稿を依頼しております。その依頼者の方々との意見交換も実施する場といたします。これらの説明や意見交換も、参加者の皆様に国際政治研究ののあり方を改めて考えていたいただく上で、少なからぬ意味があるのではないかと考えます。

 下記のように、本企画の立案者である石田淳、原稿依頼対象者の武内進一、編集委員の飯田敬輔、中西寛、酒井啓子、大島美穂、大矢根聡が参加いたす予定にしております。会員の皆様におかれましては、遠慮なくご参加いただき、対話に加わっていただきたく、ご案内申し上げます。

◆日時:2019年1月6日(日) 午後2時~5時
◆場所:東京大学・駒場キャンパス、18号館4階コラボレーションルーム1

キャンパスマップ(18号館)
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html

◆予定:

  1. 企画趣旨の説明(石田淳)
  2. 編集方針の説明(大矢根聡)
  3. 執筆依頼対象者による構想報告(武内進一)
  4. 執筆構想に関する討論(石田淳、飯田敬輔、中西寛、酒井啓子、大島美穂)
  5. 日本における国際政治学、および「オルタナティヴの摸索―問い直す国際政治学―」に関する意見交換(参加者全員)

(以上)

新編集委員会からのお知らせ(独立論文担当副主任の交代について) (2018年6月25日) 

新編集委員会発足に伴い、独立論文担当副主任が交代いたしました。新たな独立論文担当副主任は磯崎典世会員です。どうかよろしくお願いいたします。

独立論文投稿先(独立論文ハードコピー送付先)は以下の通りとなります。

編集委員会副主任 磯崎 典世 
メイルアドレス: jair-edit_mail (☆を@に置き換えてください)

<ハードコピー送付先住所>
〒171-8588  東京都豊島区目白1-5-1
   学習院大学 法学部政治学科 磯崎典世 宛

(編集委員会)

『国際政治』203号投稿募集 (2018年5月21日) 


(画像をクリックするとpdfファイルが開きます)


『国際政治』201号、202号投稿募集 (2018年4月10日) 

『国際政治』第200号「オルタナティヴの模索――問い直す国際政治学」投稿募集 (2017年9月19日) 

『国際政治』197号、198号投稿募集 (2017年4月2日) 

編集委員会からのお知らせ(『国際政治』電子ジャーナルについて) (2016年10月25日) 

新編集委員会からのお知らせ (2016年8月24日) 

『国際政治』193号、194号、195号投稿募集 (2016年6月14日) 

『国際政治』189号、190号、191号投稿募集 (2015年9月17日) 

『国際政治』185号、186号、187号投稿募集 (2015年1月5日) 

編集委員会からのお知らせ(『国際政治』181号の応募締め切り延長について) (2014年8月1日) 

新編集委員会からのお知らせ (2014年6月30日) 

『国際政治』183号投稿募集 (2014年3月19日) 

『国際政治』181号、182号投稿募集 (2013年12月26日) 

編集委員会からのお知らせ(『国際政治』の電子版公開について) (2013年9月24日) 

『国際政治』177号、178号、179号投稿募集 (2013年3月23日) 

『国際政治』掲載論文の複製利用(転載)の手続きについて (2012年11月1日) 

編集委員会からのお知らせ(『国際政治』独立論文の投稿先について) (2012年10月25日) 

『国際政治』掲載論文の複製利用(転載)に関して (2012年9月14日) 

編集委員会からのお知らせ(電子ジャーナルについて) (2012年6月17日) 

編集委員会からのお知らせ(電子ジャーナルの一本化について) (2012年3月17日) 

『国際政治』173号、174号、175号投稿募集 (2012年3月15日) 

電子アーカイブ・電子ジャーナルに関する告知(追加) (2009年12月7日)

『国際政治』163号原稿募集のお知らせ (2009年9月15日)

『国際政治』162号原稿募集のお知らせ (2009年7月23日)

『国際政治』161号原稿募集のお知らせ (2009年7月23日)

電子アーカイブ 著作権委譲に関する告知 (2009年4月10日)

編集委員会からのお知らせ (2009年4月10日)

編集委員会からのお知らせ (2009年1月8日)

独立論文投稿のお願い (2008年12月1日)

『国際政治』159号原稿募集のお知らせ (2008年7月29日)

『国際政治』158号原稿募集のお知らせ (2008年7月29日)

get adobe readerPDFファイルの閲覧にはAdobe Reader等の閲覧ソフトをダウンロード・インストールする必要があります。閲覧用ソフトは、無償でダウンロード・インストールできます。