お知らせ(関連学会、研究機関)

大阪府立大学の専任教員公募のお知らせ (2017年9月16日)

このたび大阪府立大学では、政治学(国際政治学)の専任教員を公募いたしております。
ご関心のおありの方は、下記のウェブサイトをご覧ください。

大阪府立大学の教員公募情報(高等教育推進機構・准教授または講師)
http://www.osakafu-u.ac.jp/public_notice/rec2938/

沖縄研究奨励賞 推薦応募のお知らせ (2017年7月5日)

沖縄研究奨励賞は、沖縄の地域振興及び学術振興に貢献する人材を発掘し、育成することを目的として、昭和54年に創設されました。
本奨励賞は、沖縄を対象とした将来性豊かな優れた研究(自然科学、人文科学、社会科学)を行っている新進研究者(又はグループ)の中から、 受賞者3名以内を選考し、奨励賞として本賞並びに副賞として研究助成金50万円を贈り表彰するものです。
応募資格は、学協会・研究機関若しくは実績のある研究者から推薦を受けた50歳以下(平成29年7月15日現在)の方で、出身地及び国籍は問いません。

◆応募資格
学協会・研究機関若しくは実績のある研究者から推薦を受けた50歳以下の者で、平成29年7月15日現在で50歳以下の者

◆応募方法

  1. 「沖縄研究奨励賞推薦応募用紙」
  2. 研究成果物(論文3点以内、著書がある場合は1冊)
  3. 研究成果物の要旨(それぞれA4判横書き各1,000字以内)
  4. 研究業績リスト(著書、論文等30点以内。A4横書き)

◆応募書類の提出先
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-7-3 文栄小川町ビル3F
公益財団法人沖縄協会 沖縄研究奨励賞係

◆応募期間
平成29年7月15日(当日消印から有効)~9月30日(当日消印まで有効)

詳細や応募用紙のダウンロードは、以下のURLより、ご覧下さい。

第39回(平成29年)沖縄研究奨励賞 推薦応募のお知らせ

http://www.okinawakyoukai.jp/jigyou/syourei/h28_bosyu.html

【会員からの投稿】 Faculty Position in International Relations (ICU) (2017年7月1日)

Faculty Position in International Relations
International Christian University
Assistant Professor (Tenure-Track) or Associate Professor
http://icu-ac-jp-1942707526.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com/en/news/docs/IRL_E.pdf

国際基督教大学では、国際関係学分野の専任教員公募を行っています。
詳しくは、下記のサイトをご覧ください。
http://icu-ac-jp-1942707526.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com/news/docs/IRL_J.pdf

「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局より、「女性研究者への支援」プログラムのご案内 (2017年6月30日)

「未来を強くする子育てプロジェクト」は、、住友生命相互保険会社を主催に「子育て支援」をテーマに助成プロジェクトを平成19年より行っており、展開する事業の中に、「女性研究者への支援」というプログラムがあります。
現在、育児のため研究の継続が困難な女性研究者および、子育てをしながら研究を続けている女性研究者を対象に、助成金を1年間に100万円を上限に2年間まで支給する支援活動です。

事業の詳細、募集要項などはにつきましては、下記URLにある当プロジェクトのWebサイトをご覧のください。

未来を強くする子育てプロジェクト

http://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/

「未来を強くする子育てプロジェクト」「女性研究者への支援」

◆名称
第11回 『未来を強くする子育てプロジェクト』女性研究者への支援
◆支援種別
表彰、助成金
◆主催
住友生命保険相互会社
◆応募地域
全国
◆募集対象
現在、育児のため研究の継続が困難な女性研究者および、子育てをしながら研究を続けている女性研究者を対象とし、次の要件を満たす方の中から決定します。
◆規定
  1. 人文・社会科学分野の領域で、有意義な研究テーマを持っていること。
  2. 原則として、応募時点で未就学児(小学校就学前の幼児)の育児を行っていること。
  3. 原則として、修士課程資格取得者または、博士課程在籍・資格取得者であること。
  4. 2名以上の推薦者がいること(うち1名は、従事した、または従事する大学・研究所等の指導教官または所属長であることが必須)。
  5. 現在、大学・研究所等に在籍しているか、その意向があること。
  6. 支援を受ける年度に、他の顕彰制度、助成制度で個人を対象とした研究助成を受けていないこと(科研費・育児休業給付などは受給していても応募いただけます)。
※ この事業では、過去の実績ではなく、子育てをしながら研究者として成長していく方を支援したいと考えています。そのため、研究内容のみで判断することはありません。
※ 国籍は問いませんが、応募資料等への記載は日本語に限ります。
◆表彰
◎スミセイ女性研究者奨励賞 ※10名程度
助成金として1年間に100万円(上限)を2年間まで支給します。助成期間は2018年4月から2020年3月までの2年間の予定です。
◆募集期間
2017 年 7月 7日(金) ~ 2017 年 9月 8日(金) 必着
◆宛先・お問合せ先
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋2-14-7 光ビル
「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局
Tel:03-3265-2283/Fax:03-3265-2267
◆備考
詳しくは下記リンク先をご覧ください
http://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/

2017年安倍フェローシップの奨学研究者募集のお知らせ (2017年6月14日)

国際交流基金日米センター(CGP)および米国社会科学評議会(SSRC)は、安倍フェローシップ・プログラムの申請公募を行ないます。

なお、安倍フェローシップ・プログラムの詳細につきましては、http://www.abefellowship.infoをご参照下さい。

また、プログラム内容およびオンライン申請についての疑問点にお答えする安倍フェローシップ申請説明会を大阪(7月4日)、東京(7月11日)で開催をします。応募をお考えの方は是非ご参加ください。


2016abe-fellowship

安倍フェローシップ個人研究プロジェクト募集
http://www.ssrc.org/fellowships/view/abe-fellowship/


国際交流基金日米センター (TheJapan Foundation Center for Global Partnership) および米国社会科学研究評議会(SocialScience Research Council)は、安倍フェローシップ・プログラムの申請公募を行ないます。

プログラムの目的

安倍フェローシップ・プログラムは、現代の地球的な政策課題で、かつ緊要な取り組みが必要とされる問題に関する学際的、国際的な調査研究の増進を目的としています。また、長期的に政策指向的研究に従事する新世代の研究者の成長を支援し、そのような政策課題をテーマとして共有する研究者の日米二国間ならびに全世界的ネットワークに主要なメンバーとして積極的に関わっていく人材の育成を目指しています。さらに、地球的な課題解決と国際理解増進に取り組む日米の学術、および専門家のコミュニティ間に新しい知的協力の場を築くことに重点がおかれています。

近年のフェローの詳細は こちら をクリックしてください。

研究課題

2015年度から対象となる研究課題が新しくなりました。 安倍フェローシップの対象となるプロジェクトは次の4つのテーマのいずれか1つ以上に該当する社会科学並びにその関連領域の研究とします。

  • 個人・社会・国際的な安全保障に対する脅威
  • 成長と持続的な発展
  • 社会・科学・文化のトレンドと変容
  • ガバナンス・エンパワーメントと市民参加

申請された研究プロジェクトの中に次の3つの特性、(1)政策関連性、政策指向性があること、(2)現代的な課題を扱っていること、(3)米国や日本に関する研究をより広範な学問分野や理論上の議論に引き上げるような比較研究的視点、あるいは国境を越える視点があること、が明示されていることを採用上の重要な基準とします。

支給条件

安倍フェローシップの支給条件は、研究者の各々異なるキャリア段階のニーズにこたえられるよう柔軟性を持った内容になっています。

フェローシップの受給期間は24ヶ月以内に3ヶ月以上12ヶ月を上限とすることになっております。

また、全フェローシップ受給期間、少なくとも3分の1以上を(米国また日本)で研究滞在しなければなりません。

申請資格

日本国籍または米国市民権の保有者、(もしくは他の国籍保有者で、日本または米国に長期にわたる研究拠点を有する者)を対象とします。 申博士号(Ph.D.)または専門分野での同等の研究実績を申請時に有している必要があります。

学者、研究者、または学界以外の分野(法曹界、ジャーナリズムなど)の専門家からの申請を歓迎します。

申請を募集しています – 申請締め切りは2017年9月1日米国東部標準時午後5時(日本標準時9月2日午前6時)です。

申請手続き

安倍フェローシップの申請はSSRCのホームページ上http://soap.ssrc.orgにてオンラインで受け付けています。詳しくは以下をご覧ください。

http://www.ssrc.org/fellowships/abe-fellowship/

お問い合わせは以下にご連絡ください。
ssrcABE@gol.com


米国社会科学研究評議会(SSRC)東京事務所
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
国際交流基金日米センター内
http://www.ssrc.org

同志社大学アメリカ研究所専任研究員(有期)公募のお知らせ(2017年6月9日)

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」 2017年度第3回募集(6月30日締切)のお知らせ(2017年5月17日)

「グローバル・チャレンジ賞2017」開催のご案内(2017年5月6日)

公益財団法人日本証券奨学財団より助成募集のご案内(2017年4月26日)

【会員からの投稿】 日本行動計量学会第45回大会(8月29日-9月1日)開催のお知らせ(2017年4月24日)

【会員からの投稿】 准教授公募のお知らせ(2017年4月22日)

【UNU-IAS】地球規模課題解決に資する国際協力プログラム(GGS)公募のご案内(2017年4月19日)

日本学術振興会「若手研究者海外挑戦プログラム」のお知らせ(2017年4月5日)

国連大学「アフリカでのグローバル人材育成プログラム募集」についてのお知らせ(2017年3月4日)

【会員からの投稿】 研究職員募集のお知らせ(防衛研究所)(2017年3月2日)

get adobe readerPDFファイルの閲覧にはAdobe Reader等の閲覧ソフトをダウンロード・インストールする必要があります。閲覧用ソフトは、無償でダウンロード・インストールできます。