お知らせ(関連学会、研究機関)

2018年安倍フェローシップの奨学研究者募集のお知らせ (2018年6月24日)

国際交流基金日米センター(CGP)および米国社会科学評議会(SSRC)は、安倍フェローシップ・プログラムの申請公募を行ないます。

なお、安倍フェローシップ・プログラムの詳細につきましては、http://www.abefellowship.infoをご参照下さい。

また、プログラム内容およびオンライン申請についての疑問点にお答えする安倍フェローシップ申請説明会を東京(7月3日)、京都(7月9日)で開催をします。応募をお考えの方は是非ご参加ください。


Abe_fellowship_program

安倍フェローシップ個人研究プロジェクト募集
http://www.ssrc.org/fellowships/view/abe-fellowship/


国際交流基金日米センター (TheJapan Foundation Center for Global Partnership) および米国社会科学研究評議会(SocialScience Research Council)は、安倍フェローシップ・プログラムの申請公募を行ないます。

プログラムの目的

安倍フェローシップ・プログラムは、現代の地球的な政策課題で、かつ緊要な取り組みが必要とされる問題に関する学際的、国際的な調査研究の増進を目的としています。また、長期的に政策指向的研究に従事する新世代の研究者の成長を支援し、そのような政策課題をテーマとして共有する研究者の日米二国間ならびに全世界的ネットワークに主要なメンバーとして積極的に関わっていく人材の育成を目指しています。さらに、地球的な課題解決と国際理解増進に取り組む日米の学術、および専門家のコミュニティ間に新しい知的協力の場を築くことに重点がおかれています。

近年のフェローの詳細は こちら をクリックしてください。

研究課題

2015年度から対象となる研究課題が新しくなりました。 安倍フェローシップの対象となるプロジェクトは次の4つのテーマのいずれか1つ以上に該当する社会科学並びにその関連領域の研究とします。

  • 個人・社会・国際的な安全保障に対する脅威
  • 成長と持続的な発展
  • 社会・科学・文化のトレンドと変容
  • ガバナンス・エンパワーメントと市民参加

申請された研究プロジェクトの中に次の3つの特性、(1)政策関連性、政策指向性があること、(2)現代的な課題を扱っていること、(3)米国や日本に関する研究をより広範な学問分野や理論上の議論に引き上げるような比較研究的視点、あるいは国境を越える視点があること、が明示されていることを採用上の重要な基準とします。

支給条件

安倍フェローシップの支給条件は、研究者の各々異なるキャリア段階のニーズにこたえられるよう柔軟性を持った内容になっています。
フェローシップの受給期間は24ヶ月以内に3ヶ月以上12ヶ月を上限とすることになっております。
また、全フェローシップ受給期間、少なくとも3分の1以上を(米国また日本)で研究滞在しなければなりません。 せん。

申請資格

日本国籍または米国市民権の保有者、(もしくは他の国籍保有者で、日本または米国に長期にわたる研究拠点を有する者)を対象とします。 申博士号(Ph.D.)または専門分野での同等の研究実績を申請時に有している必要があります。
学者、研究者、または学界以外の分野(法曹界、ジャーナリズムなど)の専門家からの申請を歓迎します。
申請を募集しています - 申請締め切りは2018年9月1日米国東部標準時午後5時(日本標準時9月2日午前6時)です。

申請手続き

安倍フェローシップの申請はSSRCのホームページ上http://soap.ssrc.orgにてオンラインで受け付けています。詳しくは以下をご覧ください。

http://www.ssrc.org/fellowships/abe-fellowship/

安倍フェローシップ申請説明会

[東京説明会]

日時:2018年7月3日(火曜日)15時~16時30分

場所:国際交流基金(ジャパンファウンデーション)2階 ホール[さくら]

講師:荒木尚志(2012年安倍フェロー)東京大学大学院法学政治学研究科 教授

[京都説明会]

日時:2018年7月9日(月曜日)14時~15時30分

場所:京都大学 学術研究支援棟 地下会議室

講師:速水洋子(2015年安倍フェロー)京都大学東南アジア地域研究所 教授

参加ご希望の方はEメールまたはファックスで、氏名、所属、電話番号、Eメール、出席を希望する説明会(東京、京都)を明記の上、お申し込みください。

安倍フェローシップについて何かご質問等ございましたら、ご遠慮なくご連絡ください

ssrcABE@gol.com


米国社会科学研究評議会(SSRC)東京事務所
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-16-3
国際交流基金日米センター内
http://www.ssrc.org

【会員からの投稿】 『広島平和研究』第6号投稿募集のお知らせ (2018年5月27日)

『広島平和研究』第6号への投稿のお願い

 広島市立大学広島平和研究所は、2019年3月に発行予定の紀要『広島平和研究』第6号への投稿を募集しています。対象となるのは、学問領域を問わず、何らかの形で平和に関連するテーマを扱った以下の論考です。皆様からの応募をお待ちしております。

〇募集する論考

  1. 特集論文: 第6号では「人権問題(Human Rights Issues)」について特集します。それぞれの学問領域において人権と密接に関連のあるテーマの学術論文を対象といたします。
  2. 独立論文: 自由論題の学術論文を対象といたします。
  3. 研究ノート: 論点の整理段階でまだ結論に至っていないが一定の考察を加えたものなど、学術性の面で論文に準ずる自由論題の論考を対象といたします。
  4. 書評: 平和に関連するテーマの内外の著作の学術的意義を論評した論考を対象といたします。

〇投稿方法
『広島平和研究』投稿規程に従って執筆してください。
(『広島平和研究』第5号巻末および下記ウェブサイトに掲載しています)
https://www.hiroshima-cu.ac.jp/pdf/Japanese_(1).pdf

〇締め切り
2018(平成30)年9月1日です。

〇送付先
電子メールで下記に送付してください。
office-peace_mail
(★を@に変更の上お送りください)

〇問い合わせ
広島平和研究所 編集委員会
『広島平和研究』第6号編集責任者
水本和実
〒731-3194
広島市安佐南区大塚東3-4-1
広島市立大学 情報科学部別館 4階
電話(代)082‐830-1811
ファクス 082‐830-1812
mizumoto_mail
(★を@に変更の上お送りください)

りそなアジア・オセアニア財団 助成事業公募のご案内 (2018年5月27日)

公益財団法人 りそなアジア・オセアニア財団 助成事業募集
「平成31年度 調査研究助成/国際学術交流助成/出版助成」
「平成31年度 環境プロジェクト助成」

 当財団は、我が国とアジア・オセアニア諸国や地域との国際交流を通じて相互理解の増進に寄与することを目的とし、様々な活動を行っています。
 今年度も、アジア・オセアニア諸国・地域に関する政治、経済、文化、歴史等の調査・研究、国際会議等の国際交流事業や出版等の啓発・広報活動等に対する助成事業や、アジア・オセアニア諸国や地域における水と緑をテーマにした自然環境の保護や整備を目的とする支援事業を行っており、公募により意欲的な応募が寄せられることを期待しております。
 公募の詳細については、当財団ホームページよりご覧下さい。

公益財団法人 りそなアジア・オセアニア財団
http://www.resona-ao.or.jp/index.html

松下幸之助国際スカラシップ日本人留学助成公募のお知らせ (2018年5月27日)

松下幸之助国際スカラシップ
人文科学・社会科学領域

 松下幸之助記念財団の目的のひとつは、「諸外国との相互理解による国際社会への貢献」と「人間が自然を尊び調和しながら生きる社会の実現」です。
 この目的に沿って、人文科学・社会科学の領域における世界的な視野に立った研究、諸施策の提案、調査研究活動に対し1年間または2年間の海外留学を助成します。

【募集人員】
募集人員5名程度(学部生) 15名程度(大学院生・研究機関在籍者)
【応募書類・受付期間】
2018年6月1日(金)~7月20日(金)
【助成対象研究】
アジア、アフリカ、ラテンアメリカ諸国の大学・大学院及び政府研究機関に所属しての調査研究
【詳細URL】
http://matsushita-konosuke-zaidan.or.jp/works/jpn/promotion_jpn_01.html
【募集要項】
松下幸之助国際スカラシップ 2018年度募集要項
MK_Scholarship2018

広島修道大学専任教員公募のお知らせ (2018年5月19日)

このたび広島修道大学国際コミュニティ学部では、専任教員の公募を行います。
公募の詳細は下記URLにある教職員公募情報をご覧下さい。

【主要担当科目】
「国際組織論」および「国際協力論」
【採用職名】
助教
*就任2年目の1月までに期間の定めのない専任教員への変更を申し込むことができます。その際は、業績等の審査の後、就任3年目または4年目から期間の定めのない専任教員(准教授)となります。なお、申し込みがない場合、助教の任期は3年です。
【採用人員】
1名
【公募詳細】
http://www.shudo-u.ac.jp/information/nvu9p7000001q6n2.html
【問い合せ先】
広島修道大学  総務部 人事課
TEL 082-830-1105(直通)  FAX 082-830-1325 
e-mail: jinji@js.shudo-u.ac.jp

獨協大学ドイツ語学科専任教員公募のお知らせ(2018年4月21日)

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」 2018年度第3回募集のお知らせ(2018年4月21日)

【UNU-IAS】 「アフリカでのグローバル人材育成プログラム」公募についてのお知らせ(2018年4月15日)

公益財団法人日本証券奨学財団より助成募集のご案内(2018年4月8日)

【会員からの投稿】 広島大学 助教(テニュアトラック)公募のお知らせ(2018年3月29日)

日米パートナーシップ・プログラム第5期奨学生募集開始のお知らせ(2018年3月27日)

【会員からの投稿】 防衛研究所職員(研究職)採用情報のお知らせ(2018年3月22日)

New Voices from Japan: 若手専門家の発信力強化および米国派遣プログラム 2018年度参加者募集のお知らせ(2018年3月10日)

【アジア経済研究所】2019年度職員採用情報のお知らせ(2018年3月3日)

津田塾大学専任教員公募のお知らせ(2018年2月21日)

get adobe readerPDFファイルの閲覧にはAdobe Reader等の閲覧ソフトをダウンロード・インストールする必要があります。閲覧用ソフトは、無償でダウンロード・インストールできます。