お知らせ(シンポジウム、研究会)

【会員からの投稿】 公開シンポジウム「日本外交をどう捉えるか―戦後外交史研究の課題と展望―」(3月14日)開催中止のお知らせ (2020年3月8日)

新型コロナウイルスの感染拡大のため、3月14日に二松學舍大学で開催を予定しておりました下記シンポジウムは中止となりました。(3/8)

この度、二松學舍大学国際政治経済学部と戦後外交史研究会の共催により、下記のとおり、公開シンポジウムを開催いたします。
近年の外交文書公開の進捗を受けて、戦後日本外交を対象とする歴史研究は大きな発展と深化をみせています。日米同盟の形成と展開、沖縄返還や日中国交正常化に代表される戦後処理外交といった冷戦期に関する研究を経て、現在では冷戦終焉前後の時期までが研究対象に含まれようとしています。このシンポジウムでは、こうした研究動向を振り返りつつ、今後の戦後外交史研究のテーマや方法論上の課題と展望について、皆様と一緒に考えてみたいと思います。
事前の申し込みは不要です。研究者の方々はもちろん、外交史研究に関心をお持ちの大学院生や学部生もぜひお気軽にご参加ください。多くの方々のご参加をお待ちしております。



公開シンポジウム
日本外交をどう捉えるか―戦後外交史研究の課題と展望―

【日時】
2020年3月14日(土)15:00~17:00
【会場】
二松學舍大学九段校舎1号館401教室 
https://www.nishogakusha-u.ac.jp/about/campus/a7.html
【パネリスト】
波多野 澄雄(アジア歴史資料センター長)
河野 康子(法政大学名誉教授)
佐藤  晋(二松學舍大学教授)
宮城 大蔵(上智大学教授)
井上 正也(成蹊大学教授)
【司会(モデレーター)】
浜岡 鷹行(外務省外交史料館)
【連絡先】
高橋 和宏(法 政大学) kztaka( a )hosei.ac.jp
               ※( a )は@に変更してください。

※入場無料・事前申し込み不要

以上

【会員からの投稿】 第16回山川健次郎レクチャーシリーズ:Isabela Mares on Electoral Corruption and Clientelism(3月9日、10日)開催中止のお知らせ (2020年3月2日)

新型コロナウィルス感染拡大のため、3月9日、10日に東京大学で予定されていました下記研究会は中止となりました。(3/2)

第16回山川健次郎レクチャーシリーズのご案内
Isabela Mares on Electoral Corruption and Clientelism

イェール大学の比較政治経済の第一人者であるIsabela Mares 氏をお招きして、東京大学駒場キャンパスおよび本郷キャンパスにて研究会を開催します。
事前登録は不要ですので、ご興味のある方はぜひご出席ください。

第1回 駒場キャンパス
◆日時:2020年3月9日(月)15時30分-18時00分
◆場所:東京大学駒場キャンパス18号館コラボレーションルーム3
◆使用言語:英語

第2回 本郷キャンパス
◆日時:2020年3月10日(火)17時30分-19時30分
◆場所:東京大学社会科学研究所本館第1会議室
◆使用言語:英語

講演内容、スピーカー略歴等の詳細は以下の英文案内をご参照ください。

We are pleased to announce the details of the 16th Yamakawa Kenjiro Lecture Series.
The speaker is Isabela Mares, Arnold Wolfers Professor of Political Science at Yale University.

The two talks will discuss the methodological and empirical aspects of electoral clientelism based on her new book (with Lauren E. Young), Conditionality and Coercion (Oxford University Press, 2019).The talks are open to the public.

1. First talk: “How to study electoral irregularities: new advances in theory and measurement”

DATE:
March 9th (Mon); 15:30 to 18:00.
VENUE:
Collaboration Room 3 at Building 18, University of Tokyo, Komaba Campus
https://www.c.u-tokyo.ac.jp/eng_site/info/about/visitors/maps-directions/campusmap.html
OUTLINE:
In elections around the world, large numbers of voters are influenced by promises or threats that are contingent on how they vote. Recently, the political science literature has made considerable progress in disaggregating electoral clientelism along two dimensions: first, in recognizing the diversity of actors mediating between candidates and voters and, second, in conceptualizing and disaggregating clientelism based on positive and negative inducements of different forms. In this talk, I report the results of several studies I conducted that use non-obtrusive survey techniques, such as list-experiments, to measure the presence of clientelistic strategies. I also show how a variety of other survey experiments can be used to measure voters’ evaluation of candidates that use various forms of clientelism and help us understand why voters do not always sanction candidates that use illicit strategies.

2. Second Talk: “Democratization after Democratization: How European countries ended electoral corruption”

DATE:
March 10th (Tue): 17:30 to 19:30
VENUE:
Conference Room 1, ISS Building, University of Tokyo, Hongo Campus
https://www.iss.u-tokyo.ac.jp/guide/index.html
OUTLINE:
In many European countries, elections during the period following the adoption of universal suffrage displayed remarkably high levels of vote-buying, intimidation and fraud. As voters’ electoral autonomy was insufficiently protected, electoral rights were only hollow promises, In this talk, I examine the democratization of electoral practices in several European countries during the 19th century.
I study the introduction of multiple electoral reforms which include legislation that sought to limit vote-buying, lower the ability of candidates to politicize state resources, improve voting technology and protect voter autonomy as well as reforms that limited fraud.
Taking advantage of newly digitized historical data, I examine the conditions under which electoral majorities supporting such reforms came about and the relative importance of economic and political changes for the formation of these coalitions favoring electoral change. I conclude by discussing the implications of these successful episodes of democratization of electoral practices for recent democracies today.

This talk is based on Chapter 2 of her recent book (with Lauren Young) Conditionality and Coercion.
Please contact <hiwatari "at" iss.u-tokyo.ac.jp> for further information or queries (please change ‘at” to @).

SPEAKER: Isabela Mares
Arnold Wolfers Professor of Political Science
https://politicalscience.yale.edu/people/isabela-mares

Isabela Mares is Professor of Political Science at Yale University. Isabela Mares has written extensively on a range of topics in comparative politics and political economy, including democratization, clientelism and corruption, taxation and fiscal capacity development, social policy reforms in both developed and developing countries. She is the author of The Politics of Social Risk: Business and Welfare State Development (New York: Cambridge University Press), Taxation, Wage Bargaining and Unemployment (New York: Cambridge University Press); From Open Secrets to Secret Voting: The adoption of electoral reforms protecting voter autonomy (New York: Cambridge University Press) and Conditionality and Coercion: Electoral clientelism in Eastern Europe, co-authored with Lauren Young (forthcoming, Oxford University Press). She is currently completing a book entitled Democratization after Democratization, which examines the adoption of electoral reforms limiting electoral irregularities in the Western World.

Isabela Mares has received a PhD degree in political science from Harvard University. Prior to coming to Yale, Isabela Mares has been on the faculty of Stanford and Columbia University, and has taught at Sciences Po Paris and the Central European University in Budapest. She has held visiting appointments at the Center for the Study of Democratic Politics at Princeton and the Russell Sage Foundation.

At Yale, Isabela Mares is teaching courses in political economy, welfare state development, democratization and democratic erosion and an interdisciplinary graduate course on Micro-historical Analysis in Comparative Research.

【会員からの投稿】 シンポジウム “America’s Future and Asia’s Adaption” (2020年3月2日)開催延期のお知らせ (2020年2月28日)

新型コロナウイルスの感染拡大に鑑み、下記シンポジウムは開催延期となりました。(2/28)

関係者 各位

このたび桜美林大学 アジア文化研究所では、3月2日(月) 13:30~17:00、桜美林大学 四谷キャンパスにおきまして、シンポジウム “America’s Future and Asia’s Adaption” を開催することになりました。アメリカから講演者をお迎えし、「米国の行方とアジアの対応」について考えてみたいと思います。下記のとおりご案内いたしますので是非ご参加ください。

◆日時:
令和2年3月2日(月) 13:30~17:00
◆会場:
桜美林大学 四谷キャンパス1Fホール
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12
(JR総武線 千駄ヶ谷駅より徒歩6分、東京メトロ副都市線 北参道より徒歩5分)
https://www.obirin.ac.jp/access/yotsuya/ (アクセス)
◆参加費:
無料
◆お問い合わせ・お申し込み先:
桜美林大学 アジア文化研究所
TEL:03-5413-8768 / E-mail:iac@obirin.ac.jp
◆主催:
桜美林大学 アジア文化研究所
◆共催:
桜美林大学 総合研究機構

◆プログラム

13:30 – 13:50
Opening Remarks
by Chancellor Toyoshi Sato [J. F. Oberlin University, Tokyo]
13:50 – 14:40
“The Crisis of the Liberal International Order: Is the American-led Order Ending?”
by G. John Ikenberry [Albert G. Milbank Professor of Politics and International Affairs, Princeton University]
14:50 – 15:40
“The Asian Ripeness for Rivalry Meme and the Second Sino-American Rivalry.”
by William R. Thompson [Distinguished Professor and Rogers Chair of Political Science Emeritus, Indiana University]
15:50 – 16:50
Discussions by Imtiaz Ahmed [University of Dhaka]
Siripan Nogsuan Sawasdee [Chulalongkorn University]
Tomohito Shinoda [International University of Japan, Adviser to the Ministry of Defense]

Qs and As from audience
16:50 – 17:00
Concluding Remarks by Takashi Inoguchi[J. F. Oberlin University, Tokyo]

【SCJ】日本学術会議ニュース・メール No.706 (2020年2月28日)

日本学術会議ニュース・メール No.706です。第24期学術の大型研究計画に関するマスタープラン(マスタープラン2020)の公表についてのご案内です。

日本学術会議ニュース・メール No.706 (2020/2/26)

  • 【お知らせ】第24期学術の大型研究計画に関するマスタープラン(マスタープラン2020)の公表について

【言論NPO】「東京会議2020」(2月29日、3月1日)ご参加のご案内 (2020年2月7日)

「東京会議2020」のご案内

言論NPOは2月29日(土)(於:日経ホール)と3月1日(日)(於:東京プリンスホテル)の2日間にわたり、「東京会議2020」を開催いたします。
この2日間の議論にぜひご参加いただきたく、ご案内させていただきます。

▼お申し込みフォームはこちら
http://www.genron-npo.net/tc2020-general.html

 「東京会議」は、言論NPOが2017年に設立した世界的なシンクタンク会議で、毎年、米国の外交問題評議会(CFR)や英国のチャタムハウス、ドイツ国際政治安全保障研究所(SWP)、フランス国際関係研究所(IFRI)、イタリアの国際問題研究所(IAI)、カナダの国際ガバナンス・イノベーション(CIGI)のG7各国を代表するシンクタンクにインドのオブザーバー研究財団(ORF)、ブラジルのジェトゥリオ・ヴァルガス財団(FGV)、シンガポールのS.ラジャラトナム国際研究院(RSIS)を加えた世界10ヵ国を代表するシンクタンクのトップが毎年東京に集まり、世界の自由秩序と多国間主義の将来を議論し、その成果をG7議長国と日本政府に提案する仕組みです。

 現在の米中対立の深化は、地政学的な対立を背景に世界経済を分断しかねない状況を生み出しており、多国間の協力に基づく世界秩序が壊れ始めているようにも見受けられます。

 今回の「東京会議2020」では、この状況をどのように解決していくことができるのか、深刻化する米中対立の出口を一体どう描くか、私たちが目指すべき国際秩序とはどういったものなのか、その中で我々民主主義国に問われている責任とは何か、で議論を行います。

 今回の「東京会議2020」は、2日間の日程で行われます。

 2月29日(土)の公開フォーラムには、世界10ヵ国の有力シンクタンクの代表が登壇します。ここでは、米中両国からのオブザーバーも交え、「米中対立の出口と共存の在り方をどう描くか」、そして「我々が望む世界秩序とは」をテーマに、2つのセッションを行います。

 そして、2日目の3月1日(日)の公開フォーラムでは、ドイツのヴルフ元大統領やフランスのヴェドリーヌ元外相ら各国の首脳・閣僚経験者が、言論NPOの呼びかけに応じて東京に集まります。

 自由や民主主義、多国間主義といった規範に根差した国際秩序を守り発展させるために、世界は何に取り組んでいかなければならないのか、G7メンバー国や民主主義国がどのような責任を果たさなければならないのかを、議論します。

 この歴史的な局面で行われる私たちの挑戦にぜひ立ち会っていただきたく、ぜひご参加くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

 なお、いずれも公開フォーラムの参加費は無料ですが、定員に限りがありますのでお早めにお申し込みください。

▼参加お申込みはこちら
http://www.genron-npo.net/tc2020-general.html


<<<「東京会議2020」開催概要>>>

※セッションの時間やパネリストについては、予告なく変更になる可能性がございます。

◆プログラム:
【1日目】

日 時
2月29日(土)14:00~18:00 (開場 13:30~)
会 場
日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階)
参加者
主要10ヵ国のシンクタンク代表者、日本政府関係者・専門家
内 容
オープニング、基調講演
セッション1「米中対立の出口と米中共存の在り方をどう描くか(仮)」
セッション2「我々が望む世界秩序とは(仮) 」
閉会挨拶
定 員
400名/日英同時通訳

【2日目】

日 時
3月1日(日)13:00~16:30 (開場 12:30~)
会 場
東京プリンスホテル2階「プロビデンスホール」(東京都港区芝公園3-3-1)
参加者
主要10ヵ国のシンクタンク代表者、海外政府要人、日本政府関係者・専門家
内 容
オープニング、日本政府挨拶
基調講演
パネルディスカッション「民主主義各国に求められる責任とは」
G7への声明発表・挨拶(予定)、閉会挨拶
定 員
400名/日英同時通訳

◆参加者
【世界10ヵ国の有力シンクタンクトップ】

アメリカ
ジェームス・リンゼイ(外交問題評議会(CFR)シニアバイスプレジデント)
イギリス
王立国際問題研究所(チャタムハウス)より調整中
イタリア
エットーレ・グレコ(イタリア国際問題研究所(IAI)副総裁)
インド
サンジョイ・ジョッシ(オブザーバー研究財団理事長)
シンガポール
オン・ケンヨン(ラジャラトナム国際研究院(RSIS) 副理事長)
カナダ
ロヒントン・メドーラ(国際ガバナンス・イノベーションセンター総裁)
ドイツ
フォルカー・ペルテス(ドイツ国際政治安全保障研究所(SWP)会長)
ブラジル
カルロス・イヴァン・シモンセン・レアル(ジェトゥリオ・ヴァルガス財団総裁)
フランス
トマ・ゴマール(フランス国際関係研究所(IFRI)所長)
日本
工藤 泰志(言論NPO代表)

【海外要人スピーカー】 ※3月1日(日)に登壇 

ドイツ
クリスティアン・ヴルフ(第10代ドイツ連邦共和国大統領)
フランス
ユベール・ヴェドリーヌ(フランス元外務大臣)、他調整中

【ゲストスピーカー(米中対立の現状に関する専門家)】 ※主に2月29日(土)に登壇

中国
遅福林(中国(海南)改革発展研究院院長)
樊網(中国(深セン)総合開発研究院院長、中国人民銀行元委員)
米国
調整中
日本
中尾武彦(前アジア開発銀行総裁)、他調整中

▼参加お申込みはこちら
http://www.genron-npo.net/tc2020-general.html

※言論NPOの概要については、下記URLをご参照ください。
http://www.genron-npo.net/about/

=================
「東京会議2020」についてご不明な点がございましたら、
言論NPO事務局(担当:猪俣)までお問い合わせください。
Tel:03-626 2-8772 e-mail:forum@genron-npo.net

偕行社シンポジウム開催のお知らせ(近現代史(2月15日)、安全保障(3月8日))(2020年2月7日)

【会員からの投稿】 シンポジウム「グローバル行政ネットワークと国際機関:地球と共生するためのガバナンスの在り方を模索して(2月15日)」開催(名古屋大学)のご案内(2020年1月22日)

【会員からの投稿】 日本行動計量学会 春の合宿セミナー(2020年3月開催)のお知らせ(2020年1月22日)

【言論NPO】 「アジア平和会議」創設記念公開フォーラム(1/21)と「日米対話」(1/20)ご参加のお願いご参加のご案内(2020年1月8日)

WCRP・NARPI Japanセミナー 募集のご案内(2020年1月8日)

【会員からの投稿】 中東特別講演会「アフガニスタン情勢の展開と国連」(山本忠通・国際連合事務総長特別代表 兼 国連アフガニスタン支援ミッション代表)(2020年1月9日)のご案内(2020年1月7日)

【会員からの投稿】 岩本通弥先生講演会「日韓の無形文化遺産と民俗学: UNESCO条約の対応とその相違」(2020年1月14日)のご案内(2019年12月23日)

【会員からの投稿】 英王立国際問題研究所ハンス・クンドナニ氏をお招きしてのシンポジウム(12月5日)および講演会(12月4日)のご案内(2019年12月2日)

【会員からの投稿】 平和構築研究ワークショップ(12月10日)、選挙予測統計セミナー(12月11日、12日)のご案内(2019年12月1日)

【会員からの投稿】 Alison Post氏(Comparative Urban Politics, UC バークレー)講演会のご案内(12月10日、11日)開催のご案内(2019年11月29日)

get adobe readerPDFファイルの閲覧にはAdobe Reader等の閲覧ソフトをダウンロード・インストールする必要があります。閲覧用ソフトは、無償でダウンロード・インストールできます。