お知らせ(シンポジウム、研究会)

【会員からの投稿】 国際シンポジウム 「国際法における『戦争難民』、そして市民社会の役割」(9月23日)のご案内 (2017年9月14日)

 シリアから出国した難民だけでもその数は500万人を超えますが、その解決の見通しはいまだ立っていません。
 国際法は、武力紛争から国外に逃れた人々、「戦争難民」にどう関わってきたのでしょうか?またこれから、どう関わるべきなのでしょうか?さらに、大学関係者や弁護士を含む市民社会の役割は何なのでしょうか?
 このような問題意識を出発点に、欧州人権裁判所の裁判官や国際難民法の有識者、国内の専門家などをお招きし、以下の要領で国際シンポジウムを開催します。
 どうぞ、ふるってご参加ください。

日本弁護士連合会・国際基督教大学(ICU)平和研究所(PRI) 共催
日本国際基督教大学財団(JICUF)助成プログラム

国際シンポジウム
国際法における「戦争難民」、そして市民社会の役割

◆日時:
2017年9月23日(土)10:00~16:30
◆場所:
ICU(国際基督教大学)東ヶ崎潔記念ダイアログ・ハウス
 交通アクセス<http://www.icu.ac.jp/about/access/
 東ヶ崎潔記念ダイアログ・ハウス<http://www.icu.ac.jp/about/campus/
※日本語・英語同時通訳:あり
※事前登録と会費:不要
◆お問い合わせ先:
新垣修(モデレーター、PRI所員)<aosamu@icu.ac.jp>
URL:http://www.icu.ac.jp/events/20170905.html

プログラム

10:00-10:15
開会と趣旨説明 (モデレーター)
10:15-10:20
挨拶 (ICU学長・日比谷潤子)
10:20-11:00
講演1 「国際法における『戦争難民』」
(Judge Hugo Storey, Ph.D, Upper Tribunal, UK)
11:00-11:40
講演2 「難民、武力紛争と欧州人権裁判所」
(Judge Martines Mits, Ph.D, the European Court of Human Rights)
11:40-12:10
コメントと議論  (中坂恵美子・中央大学教授)
12:10-13:00
昼食
13:00-13:10
挨拶 (PRI所長・笹尾敏明)
13:10-13:40
講演3 「市民社会は『戦争難民』の保護のために何ができるか?」
(石川えり・難民支援協会代表理事)
13:40-14:10
講演4 「大学は『戦争難民』の保護のために何ができるか?」
(高田亜樹・JICUFコミュニケーションズ・ディレクター)
14:10-14:40
コメントと議論 (Prof. Allen Kim, ICU)
14:40-14:50
休憩
14:50-15:30
パネル・ディスカッション
(川内敏月・UNHCR駐日事務所副代表と4名の講話者)
15:30 -16:00
質疑応答
16:10-16:25
要約と提言  (関聡介・弁護士)
16:25-16:30
挨拶  (川上詩朗 日本弁護士連合会 人権擁護委員会副委員長)
16:30
閉会 (モデレーター)

【会員からの投稿】 EUと国際関係をめぐる第6回国際会議(EUIA VI)報告・パネルの募集のご案内 (2017年9月11日)

2018年5月16-18日にブラッセルで開催される国際会議 The European Union in International Affairs VI (EUIA VI、テーマはProtecting and Projecting Europe)でご報告希望の方は、募集要項に従って応募ください。(締め切り2017年10月23日
ご提案は国際運営委員会が精査し、応募者にご報告の可否をご連絡いたします。なお、EUIAは学会組織ではございません。

応募要領(会議ホームページ)https://www.euia.eu/cfp/

会議事務局 ブラッセル自由大学欧州研究所(VUB)

ご不明点はeuia2018@ies.be あて直接、御照会ください。

EUIA VI 国際運営委員会委員
国際基督教大学 植田隆子

【言論NPO】 「第3回アジア言論人会議」公開フォーラム(9/4) ご参加のご案内 (2017年8月19日)

~アジア共同世論調査結果を基に民主主義を議論する~
「第3回アジア言論人会議」公開フォーラムご参加のご案内

 言論NPOは9月4日(月)に民主主義の今後を議論する「第3回アジア言論人会議」公開フォーラムを開催いたします。ぜひ本フォーラムにご出席いただきたく、ご案内申し上げます。
「アジア言論人会議」は ポピュリズムや排外主義の高まりなど民主主義が世界中で困難に直面する中、アジアや世界の民主主義を巡る議論を開始し、民主主義が直面する試練に真剣に向かい合うため、国境を越えてアジアのオピニオンリーダーと対話、協力を行うための言論プラットフォームとして、昨年立ち上げたものです。第3回目の開催となる今回は、日本、インドネシア、インド、マレーシア、韓国の5ヵ国で共同実施した民主主義に関する世論調査結果を交えながら、各国のオピニオンリーダー7氏(予定)を招き、「アジアの民主主義が直面している課題は何か」、「アジアの民主主義を発展させるために何実現すべきなのか」について議論を行います。

 今回は、インドネシアから元外務大臣のハッサン・ウィラユダ氏、同国最大のシンクタンクであるインドネシア国際戦略研究所所長のフィリップ・ベルモンテ氏、マレーシアから同国を代表する世論調査シンクタンクのムルデカ・センター共同創設者、そしてインド・フィリピンからも識者を招き、日本の各分野の専門家と徹底的に討論します。

 なお、本フォーラムへのご参加は無料です。お申込み期限は【8月28日(月)】です。お席に限りがありますので、お申込み受付は先着順とさせていただきます。お早目にお申込みください。

  ※お申込みURL: http://www.genron-npo.net/170904AOLD3-public.html


◆~アジア共同世論調査結果を基に民主主義を議論する~
「第3回アジア言論人会議」公開フォーラム開催概要

【主 催】
言論NPO
【協力団体】
インドネシア戦略国際研究所(CSIS)、オブザーバー研究財団(ORF)、
ムルデカ・センター
【助 成】
国際交流基金アジアセンター
◆日 時:
2017年9月4(月) 14:00~17:45 (開場13:30~)
◆会 場:
国際文化会館 地下1階「岩崎小彌太記念ホール」(東京都港区六本木5‐11‐16)
◆プログラム:
14:00~14:15 挨拶
14:15~15:45 第一セッション
「アジアの民主主義が直面している課題は何か(仮)」
16:00~17:45 第二セッション
「アジアの民主主義を発展させるために何を実現すべきなのか(仮)」
◆言 語:
日英同時通訳
◆参加費:
無料
◆定 員:
定員:150名

────────────────────────────────
◇パネリスト(予定)一覧
◆日本
逢沢一郎(衆議院議員)
川村晃一(ジェトロ・アジア経済研究所・東南アジア研究グループ長代理)
工藤泰志(言論NPO代表)
小松浩(毎日新聞主筆)
中谷元(衆議院議員、元防衛大臣)
松本剛明(衆議院議員)
藤崎一郎(元駐米国大使、上智国際関係研究所代表)
本名純(立命館大学国際関係学部教授)
宮本雄二(元駐中国大使、宮本アジア研究所代表)他
◆インドネシア
ハッサン・ウィラユダ(インドネシア元外務大臣)
フィリップ・ベルモンテ(インドネシア国際戦略研究所(CSIS)所長)
◆マレーシア
イブラヒム・スフィアン(ムルデカセンター共同創設者)他
◆インド
マヤ・ミルチャンダニ(オブザーバー研究財団シニアフェロー)
◆フィリピン
調整中
────────────────────────────────
≪お申込期限≫
2017年8月28日(月)
※お申込みURL: http://www.genron-npo.net/170904AOLD3-public.html

なお、お申込み後キャンセルされる場合も、お手数ですが事務局(info_genron-npo (★を@に変更の上お送りください))までご連絡いただきますようお願いいたします。

8月29日頃に「参加確認」のメールをご送信申し上げます。当日受付にて、ご提示いただきますのでよろしくお願い申し上げます。

ご不明な点がございましたら、言論NPO事務局/担当:井上 ・佐藤(TEL: 03-6262-8772)までお問い合せください。

────────────────────────────────
 + 特定非営利活動法人 言論NPO 事務局
 + Tel  03-6262-8772/03-6262-8773
 + URL http://www.genron-npo.net/
 + EMAIL  info_genron-npo (★を@に変更の上お送りください)
 + Address 東京都中央区湊1丁目1-12 HSB鐵砲洲4階
────────────────────────────────

松下幸之助国際スカラシップフォーラム(10/7)のご案内 (2017年8月5日)

 公益財団法人 松下幸之助記念財団は、20年間に亘り日本人学生のアジア・アフリカ・ラテンアメリカへの留学助成を行っております。
 また、留学修了者の成果発表の場である松下幸之助国際スカラシップフォーラムを毎年10月に行っております。
 本年も下記の要領で開催いたしますので、ここにご案内申し上げます。

日時:2017年10月7日(土) 13:00 - 17:00
場所:東京大学 本郷キャンパス 弥生講堂 一条ホール

 尚、本年度もフォーラム会場にスカラシップ相談ブースを設け、来年度以降のさらなるスカラシップ事業強化を図ります。
是非、皆様にもご参加いただきたく、ここにご案内申し上げます。

公益財団法人 松下幸之助記念財団
The Konosuke Matsushita Memorial Foundation
 松下幸之助国際スカラシップ担当
住所:〒571-8501 大阪府門真市大字門真 1006
電話:06-6908-4488
E-Mail:ajisuka@gg.jp.panasonic.com

【会員からの投稿】 公開講演会「アフガニスタンの復興を考える」(9月29日)のご案内 (2017年8月3日)

お茶の水女子大学グローバル協力センター主催公開講演会

「アフガニスタンの復興を考える
~現地で暮らすジャーナリストが見るアフガニスタンの今~」

 お茶の水女子大学は、2002年から五女子大学コンソーシアムの枠組みでアフガニスタンの女子教育者研修等を実施し、女子教育を通じて同国の復興支援に取り組んできました。このたびグローバル協力センターは、安井浩美氏(共同通信カブール支局通信員)を講師としてお招きして、公開講演会を実施します。
 2001年にアフガニスタン暫定政権が樹立された後、国際社会からの支援により、教育、保健、インフラ整備などの面で大きな進展がみられましたが、多くの国民の希望とは裏腹に、現在もターリバーンによる反政府活動や、「イスラーム国」による攻撃等によって治安は悪化を続け、失業が社会問題化し、若者の国外流出は後を絶ちません。本講演会では、最新のアフガニスタン情勢について、同国について「最も詳しい日本人」の一人である安井浩美氏からご講演いただき、現状の理解に加えて、どうしてこのような状況に至ったのか、そして、解決策にはどのようなものが考えられるのかなどについて、参加者の皆さまとともに多角的に議論する場としたいと思います。奮ってご参加ください。

◆演題:
公開講演会「アフガニスタンの復興を考える~現地で暮らすジャーナリストが見るアフガニスタンの今~」
◆日時:
2017年9月29日(金曜日) 15時~16時45分
◆場所:
お茶の水女子大学本館209室
http://www.ocha.ac.jp/help/accessmap.html (アクセスマップ)
◆講師:
安井 浩美 氏(共同通信カブール支局通信員)
略歴:1993年、フリーランスの写真家としてアフガニスタンを取材。
2001年の米同時多発テロ直後に再び取材のためアフガニスタン入り。
2017年現在、共同通信のカブール支局で通信員として勤務し、アフガニスタンに関するニュースを発信している。
アフガニスタン人男性と結婚、首都カブール在住。
著書に「私の大好きな国アフガニスタン」(2005年、あかね書房)。
◆申込方法:
タイトルを「9月29日公開講演会参加申込み」とし、氏名・所属を明記の上、グローバル協力センターまでメールしてください。
◆申込み・問合せ先 :
お茶の水女子大学 グローバル協力センター
電話番号:03-5978-5546
E-mail: info-cwed_mail
      (★をアットマークに換えてください)
◆詳細URL:
http://www.cf.ocha.ac.jp/cwed/event/e20170929.html

【言論NPO】 「第5回日韓未来対話」公開セッション(7/29) ご参加のご案内(2017年7月8日)

【会員からの投稿】 アジア太平洋EU学会(7月1日-2日)のご案内(2017年6月29日)

【会員からの投稿】 国際ワークショップ『多中心的ガバナンスにおけるオーケストレーション』(6月23、24日)のご案内(2017年5月30日)

【会員からの投稿】 第10回ヘボン=渋沢記念講座シンポジウム(6月29日)のご案内(2017年5月23日)

【会員からの投稿】 アミタフ・アチャリア氏講演会(東京)「今、東アジアの安全保障を考えるー力の外交に対峙するにはー」(5/26)開催のお知らせ(2017年5月21日)

アジア国際法学会日本協会より第8回研究大会(6月25日)のお知らせ(2017年5月18日)

【会員からの投稿】 IPE研究会(7月22日)のお知らせ(2017年5月16日)

【会員からの投稿】 ヒロシマ平和セミナー2017(8/25-27)開催のお知らせ(2017年5月15日)

【会員からの投稿】 千葉大学グローバル関係融合研究センター キックオフ・シンポジウム(6/1)開催のお知らせ(2017年5月14日)

【会員からの投稿】 グローバル・ガバナンス学会 第10回研究大会(5月13・14日)のお知らせ(2017年5月4日)

get adobe readerPDFファイルの閲覧にはAdobe Reader等の閲覧ソフトをダウンロード・インストールする必要があります。閲覧用ソフトは、無償でダウンロード・インストールできます。