東アジア社会学会第一回設立大会・研究発表募集のお知らせ (2018年12月5日)

2017年10月、東アジア社会学会(East Asian Sociological Association =EASA)が設立されました。従来の二国間学術交流を超えた、リージョナルで包括的な社会学会です。設立を記念して第一回設立記念大会が2019年3月8-9日、中央大学駿河台記念館(東京都千代田区神田駿河台)にて開催されます。

東アジア社会学会では、リサーチ・ネットワーク(Research Network)が研究活動の単位となります。リサーチ・ネットワークは、類似の研究関心を持つ研究者の組織です。学会大会は、それぞれのリサーチ・ネットワークが主体となってセッションを形成し、発表を運営する方式で行われます。

東アジア社会学会日本オフィスでは、第一回設立記念大会に関する情報の周知のため、専用のウエブサイトを設置いたしました。ご覧ください。

EASA Inaugural Congress
http://www.easajp.com

また、設立記念大会での研究発表の申込受付を開始いたしました。詳細は、上記専用ウエブサイトをご覧くださいませ。発表申込に関するご質問などは東アジア社会学会日本オフィス(easa_jpsc(at)yahoo.com)宛にご連絡ください。

多くの方のご参加をお待ちしております。