New Voices from Japan: 若手専門家の発信力強化および米国派遣プログラム 2018年度参加者募集のお知らせ (2018年3月10日)

New Voices from Japan:
若手専門家の発信力強化および米国派遣プログラム
2018年度参加者募集のお知らせ

 米国社会科学研究評議会(SSRC)と笹川平和財団(SPF)は、2018年度 New Voices from Japan (NVJ)若手専門家の発信力強化および米国派遣プログラムの参加者を募集いたします。
 NVJプログラムは日本とアメリカ合衆国にとって重要な政策に関連する課題を研究する若手研究者・専門家を募り、英語でのプレゼンテーションと質疑応答、意見交換のスキルを学び発表する機会を提供し、米国での発信を行うものです。
 その目的は、合衆国での約1週間の滞在を通じて、日本の若手専門家の研究に基づく知識をアメリカの政策コミュニティや様々な地域に伝えて日米の相互理解に貢献することであり、また、日米間にとって重要な問題に関する率直で開かれた議論を担うことができる次世代の専門家を育成することです。
 募集案内は下記リンクよりご覧ください。

New Voices from Japan:若手専門家の発信力強化および米国派遣プログラム
2018年度参加者募集のお知らせ

URL: http://www.ssrc-nvj.jp
New_Voices_from_Japan2018.pdf

今回の募集に関しては、以下の新しい特徴があります。

  1. 応募は上記サイトに3月31日までに簡単なオンライン登録をした後、追加書類を提出してもらう二段階方式で、選考は4月に行われる。
  2. 優先分野は外交・安全保障、国際関係、日本政治、日本のビジネスと経済である。
  3. 対象となる若手研究者や専門家には、大学院博士課程コースワーク修了者(ABD)も含まれる。
  4. 英語でのプレゼンテーションや質疑応答およびOp-ed執筆のトレーニングに加えて、オプションとして英文ジャーナル投稿論文指導を受けることが可能。

お問い合わせ、ご質問等はnvj_ssrc (★を@に置き替えてください) へメールでお願いします。
ご応募お待ちしております。

笹川平和財団(SPF)・米国社会科学研究評議会(SSRC)