国際政策セミナー(公開講演会)「EUにおける外国人労働者をめぐる現状と課題―ドイツを中心に―」(2018年2月23日)開催のお知らせ (2017年12月3日)

 少子高齢化などを背景として、我が国では外国人材の活用が検討課題とされています。
 国立国会図書館では、ドイツから、高名な法学者であるアルブレヒト・ヴェーバー氏をお招きして、ドイツにおける外国人労働者の問題についてお話を 伺います。
 あわせて、日本の著名なEU法・ドイツ法の専門家とのパネルディスカッションを行います。

※ニュース・プレスリリース
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2017/171127_01.html

◆日時:
2018年2月23日(金)14:00~17:00
◆会場:
東京本館 新館講堂(定員300名)
 http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/route.html(アクセス)
◆プログラム:
(日英同時通訳付き、入場無料)
◇基調講演
アルブレヒト・ヴェーバー 氏(Prof. Dr. Albrecht Weber)
ヴュルツブルク大学法学博士。オスナブリュック大学名誉教授。
専門は、難民法、外国人法、比較憲法、ヨーロッパ法。
◇パネルディスカッション
【パネリスト】(五十音順)
中坂 恵美子 氏(中央大学文学部教授)
広渡 清吾 氏(東京大学名誉教授)
【コーディネータ】
中村 民雄 氏(国立国会図書館客員調査員・早稲田大学大学院法学研究科教授)
◆申込方法:
国立国会図書館ホームページから2018年2月21日 (水)までにお申し込みください。
URL http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/ips2017.html
◆お問合せ:
国立国会図書館調査及び立法考査局
調査企画課連携協力室
(国際政策セミナー担当)
Email: ml-ipseminar@ndl.go.jp
TEL: 03-3581-2331(代表)
FAX: 03-3581-2603