院生研究会関東地区 2018年度第1回研究会「新たなグローバルイシューと国家のあり方の再定位:サイバー戦争と社会政策を題材に」(7月28日)のお知らせ (2018年6月26日)

日本国際政治学会(JAIR)院生研究会(関東地区)では、2018年度第1回定例会を開催します。

2018年度日本国際政治学会関東地区院生研究会 第1回定例会
「新たなグローバルイシューと国家のあり方の再定位:
サイバー戦争と社会政策を題材に」

◆日程:2018年7月28日(土) 14:00ー17:00(13:30開場)
◆場所:一橋大学国立キャンパス(西キャンパス)第1講義棟304
http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

◆報告者

  • 出口雅史(中央大学大学院法学研究科)
     「サイバー戦争のモデル化:重要インフラに対するサイバー攻撃を中心に」
  • 深澤一弘(一橋大学大学院法学研究科)
     「グローバル化によって生じた社会政策の課題と国家の対応:日本における事例研究」

◆討論者

  • 広瀬健太郎(早稲田大学高等研究所助教)
  • 土谷岳史(高崎経済大学准教授)

本研究会の詳細は、下記の日本国際政治学会院生研究会関東地区ウェブサイトからもご覧頂けます。
    http://www.geocities.jp/inseikenkanto2013/index.html

また、本研究会に関する質問は、以下のメールアドレスにてご質問下さい。
    jair_kanto_mail(★をアットマークに換えてください)

院生研究会は、大学、研究室、専門領域などを越えて、若手・院生の意見交換の場となることを目指しています。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

院生研究会(関東地区)