地域院生研究会海外地区 2017年度研究会 Japan and International Relations: Dipomacy and Foreign Policy during WWII and Present(12月2日)のお知らせ (2017年11月17日)

日本国際政治学会(JAIR)地域院生研究会では、以下の日程で研究会を開催します。

2017年度日本国際政治学会(JAIR)地域院生研究会(海外地区)研究会
Japan and International Relations:
Diplomacy and Foreign Policy during WWII and Present

◆日程:
2017年12月2日(土)13:20~14:50
◆場所:
政策研究大学院大学 六本木キャンパスResearch Meeting Room 4A
http://www.grips.ac.jp/about/access/
【報告者】
  1. Pascal Lottaz (GRIPS, Ph.D Candidate)
    “Neutral Diplomacy in Wartime Japan”
  2. Tatsuro Debroux (Pompeu Fabra University, Ph.D Candidate)
    “Analysis of Prime Minister Abe’s Statements about Japan’s Foreign Policy”
【コメンテーター】
  1. Dr. Andrea Pressello (GRIPS, Assistant Professor)
  2. Goro Fujita (Waseda University, Ph.D Candidate)

本研究会の詳細および事前登録は、下記のURLから行えます。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfy_FMnzaxHmCUxScpyTN4vWniXF-jvZcxqYUokc86b5yMi2w/formResponse

また、本研究会に関する質問は、以下のメールアドレスにてご質問ください。
Hinata Imai (Imai_mail)
or
Oktay Kurtulus (Kurtulus_mail)
   (★をアットマークに換えてください)