日本国際政治学会関西例会4月例会(4月8日)のお知らせ (2017年1月10日)

国際政治学会関西例会を以下の要領で開催いたします。

◆日時:2017年4月8日(土) 15:00 – 17:30
◆場所:関西大学千里山キャンパス 第一学舎 1号棟3階会議室

キャンパスまでのアクセス
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/access.html
キャンパス内マップ (黄色1-1の建物の 3階会議室)
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html

◆報告者:
髙木 綾 会員(関西外国語大学助教)
「対内直接投資の受入れに影響を及ぼす安全保障要因について」
中国資本が脚光を集めている。世界中でその経済的力を印象づけるような直接投資が行われているためである。しかし、それだけではなく、中国企業による投資を国家安全保障上の脅威とみなす事例も散見される。本報告は、米国における中国からの対内直接投資に焦点を絞り、その現状及び対内直接投資受入れをめぐって影響を及ぼす要因について検討する。その前段階として、米国が対内直接投資の受入れにどのように対応してきたのかを概観するとともに、中国からの投資に限定されない、対米直接投資の全体像についても把握しておきたい。
◆討論者:
村山 裕三 会員(同志社大学大学院教授)

例会への事前申し込みは不要です。みなさまどうぞ奮ってご参加ください。

※お問い合わせは大津留(北川)智恵子otsuru_mail(★を@に置き替えてください)までお願いいたします。