院生研究会関東地区 2017年度第1回研究会「大国と小国の国際政治」(7月2日)のお知らせ (2017年5月12日)

日本国際政治学会(JAIR)院生研究会(関東地区)では、2017年度第1回定例会を開催します。

2017年日本国際政治学会関東地区院生研究会 第1回定例会
「大国と小国の国際関係」

◆日程:2017年7月2日(日) 13:00ー17:00
◆場所:青山学院大学、青山キャンパス総研ビル(14号館)5階14509教室
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html

【報告者】
鈴木悠史(慶應義塾大学大学院)
「スウェーデン外交と国連、1953~1963(仮)」
田中聡一郎(一橋大学大学院)
「『小国』トルコの安全保障政策-冷戦時代のRCDを事例研究として(仮題)」
【討論者】
玉置 敦彦(東京大学)、今井宏平(アジア経済研究所)

本研究会の詳細は、下記の日本国際政治学会院生研究会関東地区ウェブサイトからもご覧頂けます。
    http://www.geocities.jp/inseikenkanto2013/index.html

また、本研究会に関する質問は、以下のメールアドレスにてご質問下さい。
    jair_kanto_mail(★をアットマークに換えてください)

院生研究会では、今年度も研究会を開催し、大学、研究室、専門領域などを越えて、若手・院生の意見交換の場になることを目指しています。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

院生研究会(関東地区)

院生研究会関東地区 2016年度第3回研究会「日本外交史の先端」(3月10日)のお知らせ (2017年2月19日)

日本国際政治学会(JAIR)院生研究会(関東地区)では、下記の通り、2016年度第3回研究会を開催します。

院生研究会関東地区 2016年度第3回研究会
「日本外交史の先端」

◆日程:2017年3月10日(日) 13:00ー16:00 (12:30開場)
◆場所:東京大学駒場キャンパス18号館コラボレーションルーム3
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_17_j.html

◆事前申込:不要
  ※ご関心をお持ちの方は、学会員であるか否かにかかわらずご参加頂けます。

【報告者】
増田由貴(東京大学人文社会系研究科日本文化研究専攻(日本史学))
「1934年赤十字国際会議東京大会にみる赤十字界の国際関係 」
金子貴純(大東文化大学大学院法学研究科政治学専攻)
「日本外務省の『対中国アプローチ』に関する研究
    ―川越・張群会談に至る過程 を中心に― 」
【討論者】
詫摩佳代(首都大学東京)、樋口真魚(日本学術振興会)

本研究会の詳細は、下記の日本国際政治学会院生研究会関東地区ウェブサイトからもご覧頂けます。
    http://www.geocities.jp/inseikenkanto2013/index.html

また、本研究会に関する質問は、以下のメールアドレスにてご質問下さい。
    jair_kanto_mail(★をアットマークに換えてください)

院生研究会では、今年度も研究会を開催し、大学、研究室、専門領域などを越えて、若手・院生の意見交換の場になることを目指しています。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

院生研究会(関東地区)

2017年度研究大会 「若手研究者・院生研究会分科会パネル」企画案の募集 (2017年1月10日)

平成29年1月6日
日本国際政治学会会員各位
日本国際政治学会若手研究者・院生研究会

日本国際政治学会2017年度研究大会
「若手研究者・院生研究会分科会パネル」企画案の募集

 皆様、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 日本国際政治学会若手研究者・院生研究会では、2017年度の研究大会(2017年10月27日~29日、於神戸国際会議場)における「若手研究者・院生研究会分科会パネル」の企画案を募集しております。例年通り、他の分科会パネルと比べまして早めの募集開始となっております。何とぞご理解頂ければ幸甚です。
 複数の応募を頂きました場合には、より多くの方々に研究成果をご発表頂けるようにとの方針のもと、若手研究者・院生研究会幹事(各地区代表・副代表)にて選考をさせて頂きます。また、選考の結果、研究大会でのご報告が叶わない場合には、各地区研究会にてご報告の機会を設けるように協議いたします。

募集企画:
国際政治(関係)学における先端研究
募集領域:
「地域・歴史・理論・イシュー」のいずれの分野でも可能
応募資格:
報告者、討論者ともに日本国際政治学会会員であること(現時点で入会予定でも可)/原則として発表者、討論者ともに前年度および前々年度に日本国際政治学会の研究大会で報告者として登壇していないこと(応相談)
締め切り:
2月25日(繰り上げ締め切りの可能性あり)
応募方法:
下記事項を記載した応募書類を2月25日までに若手研究者・院生研究会運営アドレスinseiken_mailに送付ください。(★を@に置き換えてお送りください)
  1. 募集企画のテーマ、あるいは題名
  2. パネルの概要(A4用紙1枚程度)
  3. 企画代表者の氏名、所属、専攻(研究テーマなど)、連絡先(メールアドレス)
  4. 推薦する(希望する)報告者(複数名:4.と同様に所属、専攻、連絡先等を記載)および推薦する(希望する)討論者(複数名)
  5. その他の特記事項(企画代表者が出張やフィールドワーク等で一定期間連絡がとれないことがある場合には、その旨を記載してください)
応募結果報告:
複数応募があった際に企画内容などを検討し、また必要に応じて応募者の方に企画の詳細などについて質問等を行った上で、3月下旬までに地域・院生研究会より企画代表者に応募結果を連絡いたします。

日本国際政治学会関西例会4月例会(4月8日)のお知らせ (2017年1月10日)

国際政治学会関西例会を以下の要領で開催いたします。

◆日時:2017年4月8日(土) 15:00 – 17:30
◆場所:関西大学千里山キャンパス 第一学舎 1号棟3階会議室

キャンパスまでのアクセス
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/access.html
キャンパス内マップ (黄色1-1の建物の 3階会議室)
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html

◆報告者:
髙木 綾 会員(関西外国語大学助教)
「対内直接投資の受入れに影響を及ぼす安全保障要因について」
中国資本が脚光を集めている。世界中でその経済的力を印象づけるような直接投資が行われているためである。しかし、それだけではなく、中国企業による投資を国家安全保障上の脅威とみなす事例も散見される。本報告は、米国における中国からの対内直接投資に焦点を絞り、その現状及び対内直接投資受入れをめぐって影響を及ぼす要因について検討する。その前段階として、米国が対内直接投資の受入れにどのように対応してきたのかを概観するとともに、中国からの投資に限定されない、対米直接投資の全体像についても把握しておきたい。
◆討論者:
村山 裕三 会員(同志社大学大学院教授)

例会への事前申し込みは不要です。みなさまどうぞ奮ってご参加ください。

※お問い合わせは大津留(北川)智恵子otsuru_mail(★を@に置き替えてください)までお願いいたします。

院生研究会関東地区・2016年度第2回研究会「国際機構と国際政治」(1月29日)のお知らせ (2016年11月14日)

日本国際政治学会(JAIR)院生研究会(関東地区)では、下記の通り、2016年度第2回研究会を開催します。

日本国際政治学会院生研究会関東地区 2016年度第2回研究会
「国際機構と国際政治」

◆日程:2017年1月29日(日) 14:00ー17:00 (13:30開場)
◆場所:上智大学 四谷キャンパス 2号館402教室
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya
(キャンパス・マップ)

◆事前申込:不要
  ※ご関心をお持ちの方は、学会員であるか否かにかかわらずご参加頂けます。

【報告者】
小野坂元(東京大学大学院総合文化研究 国際社会科学専攻)
「バトラー(Harold B. Butler)事務局長期ILOの事業拡大策 1932-1938」
川波竜三(慶應義塾大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程)
「コモンウェルスとイギリスのポンド政策-ポンド平価切下げからスターリング協定締結までの過程を中心に-」
【討論者】
齋川貴嗣(早稲田大学)
藤田吾郎(早稲田大学)

本研究会の詳細は、下記の日本国際政治学会院生研究会関東地区ウェブサイトからもご覧頂けます。
    http://www.geocities.jp/inseikenkanto2013/index.html
また、本研究会に関する質問は、以下のメールアドレスにてご質問下さい。
    jair_kanto_mail(★をアットマークに換えてください)

院生研究会では、今年度も研究会を開催し、大学、研究室、専門領域などを越えて、若手・院生の意見交換の場になることを目指しています。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

院生研究会(関東地区)

日本国際政治学会関西例会(11月19日)のお知らせ (2016年9月24日)

国際政治学会関西例会を以下の要領で開催いたします。

◆日時:2016年11月19日(土) 14:30 – 17:30
◆場所:関西大学千里山キャンパス 第一学舎 1号棟3階会議室

キャンパスまでのアクセス
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/access.html
キャンパス内マップ (黄色1-1  3階会議室)
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html

◆報告者:
弘田忠史氏(関西学院大学 大学院研究員)
「坂本義和と永井陽之助の国際秩序観――中国問題をめぐって」
中西哲也氏(関西学院大学 大学院研究員)
「核抑止と冷戦史観の再検討――マクナマラの核戦略論を中心に」
◆討論者:
佐藤史郎会員(大阪国際大学)

例会への事前申し込みは不要です。みなさまどうぞ奮ってご参加ください。

※お問い合わせは大津留(北川)智恵子otsuru_mail(★を@に置き替えてください)までお願いいたします。

院生研究会(関東地区)2016年度第2回研究会報告者募集のお知らせ (2016年9月15日)

日本国際政治学会(JAIR)院生研究会(関東地区)では、2016年12月中旬から1月初旬を目処に「国際機構と国際政治」と題した研究会を開催します。つきましては、大学院生の報告者を募集します。広く国際機構に関連する研究、例えば政治、経済、社会、労働、通貨、人権、難民、保健衛生、食料、環境、エネルギー、教育、安全保障などの広くグローバルなイシューを論じるものであれば、分野を問わず歓迎します。

ご報告を希望される方は、2016年10月14日(金)までに、院生研究会HP (http://www.geocities.jp/inseikenkanto2013/) に掲載された応募フォームに必要事項を記入の上、下記連絡先までご送信ください。

尚、応募者多数の場合はご希望に添えない場合があります。予めご了承ください。

院生研究会についてのご意見・ご質問も以下の連絡先までお願いします。 inseiken_jair_mail(★をアットマークに換えてください)

院生研究会(関東地区)運営委員一同、皆様からのご応募をお待ちしております。

院生研究会関東地区・2016年度第1回研究会「新興国のリーダーシップ」(8月7日)のお知らせ (2016年7月12日)

日本国際政治学会(JAIR)院生研究会(関東地区)では、下記の通り、2016年度第1回研究会を開催します。

日本国際政治学会院生研究会関東地区 201年度第1回研究会
「新興国のリーダーシップ」

◆日程:2016年8月7日(日) 15:00ー18:00 (14:30開場)
◆場所:東京外国語大学 本郷サテライト 5Fセミナールーム
http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html(キャンパス・マップ)
◆事前申込:不要
  ※ご関心をお持ちの方は、学会員であるか否かにかかわらずご参加頂けます。

[報告者]
河合玲佳 (東京大学大学院総合文化研究科博士課程)
「胡耀邦政権期における政策論争―胡耀邦失脚過程の再検討」
今井ひなた (東京外国語大学大学院博士後期課程)
「ジェノサイド後ルワンダにおける『創られた伝統』―ガチャチャ裁判を中心に―」
[討論者]
鷲田任邦 (早稲田大学)

本研究会の詳細は、下記の日本国際政治学会院生研究会関東地区ウェブサイトからもご覧頂けます。
    http://www.geocities.jp/inseikenkanto2013/index.html
また、本研究会に関する質問は、以下のメールアドレスにてご質問下さい。
    jair_kanto_mail(★をアットマークに換えてください)

院生研究会では、今年度も研究会を開催し、大学、研究室、専門領域などを越えて、若手・院生の意見交換の場になることを目指しています。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

院生研究会(関東地区)2016年度第1回研究会報告者募集のお知らせ (2016年5月18日)

拝啓

日本国際政治学会(JAIR)院生研究会(関東地区)では、2016年7月に「新興国のリーダーシップ」と題した研究会を開催します。つきましては、大学院生の報告者を募集します。外交史研究、紛争研究、平和構築、政策決定、安全保障、環境など、新興国のリーダーシップに関連するものであれば、分野を問わず歓迎します。

ご報告を希望される方は、2016年5月31日までに、院生研究会関東地区HP (http://www.geocities.jp/inseikenkanto2013/) に掲載された応募フォームに必要事項を記入の上、下記連絡先までご送信ください。
尚、応募者多数の場合はご希望に添えない場合があります。予めご了承ください。
院生研究会についてのご意見・ご質問も以下の連絡先までお願いします。
inseikenmail2014(★をアットマークに換えてください)

敬具

2016年5月
日本国際政治学会院生研究会関東地区
代表 番定賢治
副代表 中村長史

日本国際政治学会関西例会(7月9日)のお知らせ (2016年5月8日)

関西例会では7月例会を、日本アメリカ史学会・関西アメリカ史研究会と共催で開催します。
詳細は以下の通りです。

◆日時:2016年7月9日(土) 14:00 – 17:30
◆場所:関西大学千里山キャンパス 第一学舎 5号棟4F E403 号室

キャンパスまでのアクセス
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/access.html
キャンパス内マップ (黄色1-5の建物の4階)
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html

パネル企画「文化の境界性」

◆報告者:
山本航平(同志社大学・院)
「19世紀末キーウェストにおけるキューバ人移民コミュニティ
 ――野球と独立運動の関係を中心に 」
徳永悠(京都大学)
「戦前ロサンゼルスにおける日本人移民とメキシコ人移民の相互関係
 ――環太平洋地域を見渡す社会史として」
森山貴仁(フロリダ州立大学・院)
「1970年代の多文化保守主義とラティーノ」
◆討論者:
南川文里(立命館大学)、小田悠生(中央大学)

例会への事前申し込みは不要です。みなさまどうぞ奮ってご参加ください。

※お問い合わせは大津留(北川)智恵子otsuru_mail(★を@に置き替えてください)までお願いいたします。