日本国際政治学会若手研究者・院生研究会(関東地区) 2019年度第一回研究会(8月24日)のお知らせ (2019年7月24日)

日本国際政治学会(JAIR)若手研究者・院生研究会(関東地区)では、2019年度第一回研究会を開催致します。

【日本国際政治学会若手研究者・院生研究会 第一回研究会】

◆日程:2019年8月24日(土) 14:00ー17:30
◆場所:早稲田大学早稲田キャンパス3号館8階808教室
https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus

◆内容

◇開会&参加者自己紹介
◇第1部:中村優介さんによる研究報告
  • 中村優介さん(慶應大学大学院)
     「フランス再興をめぐるイギリス外交、1940-45年―ウィンストン・チャーチルの戦後構想におけるフランスの役割に着目して―」
  • 宮下雄一郎さん(法政大学)によるコメント&報告者の返答
  • 質疑応答
◇休憩
◇第2部:帶谷俊輔『国際連盟:国際機構の普遍性と地域性』をめぐる書評会
  • 帶谷俊輔さん(学振PD)による著者報告
  • 秦野貴光さん(筑波大学)によるコメント&著者の返答
  • 質疑応答
◇閉会

本研究会の詳細は、下記の日本国際政治学会若手研究者・院生研究会(関東地区)ウェブサイトからもご覧頂けます。
    https://jair-grads-kanto.wixsite.com/inseiken

また、本研究会に関する質問は、以下のメールアドレスにてご質問下さい。
    jair_kanto_mail(★をアットマークに換えてください)

若手研究者・院生研究会は、大学、研究室、専門領域などを越えて、若手研究者・院生の意見交換の場となることを目指しています。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

若手研究者・院生研究会(関東地区)

院生研究会関東地区 2018年度第3回研究会「川名晋史・佐藤史郎編『安全保障の位相角』(法律文化社、2018年)をめぐって」(3月17日)のお知らせ (2019年2月9日)

日本国際政治学会(JAIR)院生研究会(関東地区)では、2018年度第3回定例会を開催します。

2018年度日本国際政治学会関東地区院生研究会 第3定例会
「川名晋史・佐藤史郎編『安全保障の位相角』(法律文化社、2018年)を
めぐって」

◆日程:2019年3月17日(土) 14:00ー17:00(13:30開場)
◆場所:東京工業大学大岡山キャンパス西9号館E棟コラボレーションルーム
https://www.titech.ac.jp/maps/ookayama/ookayama.html

◆著書紹介

  • 佐藤史郎(大阪国際大学)
     「背景説明」(序章)
  • 川名晋史(東京工業大学)
     「位相角の枠組み」(第1章)、「在日米軍基地問題」(第2章)
  • 中村長史(東京大学)
     「集団安全保障」(第4章)
  • 齊藤孝祐(横浜国立大学)
     「武器輸出」(第6章)

本研究会の詳細は、下記の日本国際政治学会院生研究会関東地区ウェブサイトからもご覧頂けます。
    https://jair-grads-kanto.wixsite.com/inseiken

また、本研究会に関する質問は、以下のメールアドレスにてご質問下さい。
    jair_kanto_mail(★をアットマークに換えてください)

院生研究会は、大学、研究室、専門領域などを越えて、若手・院生の意見交換の場となることを目指しています。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

院生研究会(関東地区)

2019年度研究大会 「若手研究者・院生研究会分科会パネル」企画案の募集 (2019年1月15日)

平成31年1月15日
日本国際政治学会会員各位
日本国際政治学会若手研究者・院生研究会

日本国際政治学会2019年度研究大会
「若手研究者・院生研究会分科会パネル」企画案の募集

 皆様、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 日本国際政治学会若手研究者・院生研究会では、2019年度の研究大会(2019年10月18日~20日、於朱鷺メッセ、新潟市)における「若手研究者・院生研究会分科会パネル」の企画案を募集しております。例年通り、他の分科会パネルと比べまして早めの募集開始となっております。何とぞご理解頂ければ幸甚です。
 複数の応募を頂きました場合には、より多くの方々に研究成果をご発表頂けるようにとの方針のもと、若手研究者・院生研究会幹事(各地区代表・副代表)にて選考をさせて頂きます。また、選考の結果、研究大会でのご報告が叶わない場合には、各地区研究会にてご報告の機会を設けるように協議いたします。

募集企画:
国際政治(関係)学における先端研究
募集領域:
「地域・歴史・理論・イシュー」のいずれの分野でも可能
応募資格:
報告者、討論者ともに日本国際政治学会会員であること(現時点で入会予定でも可)/原則として発表者、討論者ともに前年度および前々年度に日本国際政治学会の研究大会で報告者として登壇していないこと(応相談)
締め切り:
4月24日 (締切日が変更になりました(3/4))
応募方法:
下記事項を記載した応募書類を4月24日までに若手研究者・院生研究会運営アドレスinseiken_mailに送付ください。(★を@に置き換えてお送りください)
  1. 募集企画のテーマ、あるいは題名
  2. パネルの概要(A4用紙1枚程度)
  3. 企画代表者の氏名、所属、専攻(研究テーマなど)、連絡先(メールアドレス)
  4. 推薦する(希望する)報告者(複数名:3.と同様に所属、専攻、連絡先等を記載)および推薦する(希望する)討論者(複数名)
  5. その他の特記事項(企画代表者が出張やフィールドワーク等で一定期間連絡がとれないことがある場合には、その旨を記載してください)
応募結果報告:
複数応募があった際に企画内容などを検討し、また必要に応じて応募者の方に企画の詳細などについて質問等を行った上で、3月下旬までに地域・院生研究会より企画代表者に応募結果を連絡いたします。

日本国際政治学会関西例会(12月22日)のお知らせ (2018年11月13日)

国際政治学会関西例会を以下の要領で開催いたします。

◆日時:2018年12月22日(土) 14:00~
◆場所:関西大学千里山キャンパス 第一学舎5号棟1階会議室

キャンパスまでのアクセス
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/access.html
キャンパス内マップ (黄色1-5の建物の1階)
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html

◆報告者:
津田由美子氏(関西大学法学部教授)
「ベルギー連邦制における移民統合政策」
五十嵐元道氏(関西大学政策創造学部准教授)
「なぜアメリカ軍はアフガニスタン戦争で文民被害調査を開始したのか」

本研究会は関西大学法学会との共催企画です。

院生研究会関東地区 2018年度第1回研究会「新たなグローバルイシューと国家のあり方の再定位:サイバー戦争と社会政策を題材に」(7月28日)のお知らせ (2018年6月26日)

日本国際政治学会(JAIR)院生研究会(関東地区)では、2018年度第1回定例会を開催します。

2018年度日本国際政治学会関東地区院生研究会 第1回定例会
「新たなグローバルイシューと国家のあり方の再定位:
サイバー戦争と社会政策を題材に」

◆日程:2018年7月28日(土) 14:00ー17:00(13:30開場)
◆場所:一橋大学国立キャンパス(西キャンパス)第1講義棟304
http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

◆報告者

  • 出口雅史(中央大学大学院法学研究科)
     「サイバー戦争のモデル化:重要インフラに対するサイバー攻撃を中心に」
  • 深澤一弘(一橋大学大学院法学研究科)
     「グローバル化によって生じた社会政策の課題と国家の対応:日本における事例研究」

◆討論者

  • 広瀬健太郎(早稲田大学高等研究所助教)
  • 土谷岳史(高崎経済大学准教授)

本研究会の詳細は、下記の日本国際政治学会院生研究会関東地区ウェブサイトからもご覧頂けます。
    http://www.geocities.jp/inseikenkanto2013/index.html

また、本研究会に関する質問は、以下のメールアドレスにてご質問下さい。
    jair_kanto_mail(★をアットマークに換えてください)

院生研究会は、大学、研究室、専門領域などを越えて、若手・院生の意見交換の場となることを目指しています。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

院生研究会(関東地区)

日本国際政治学会関西例会(4月28日)のお知らせ (2018年4月1日)

国際政治学会関西例会を以下の要領で開催いたします。

◆日時:2018年4月28日(土) 15:00 – 17:30
◆場所:関西大学千里山キャンパス 第1学舎1号館 3階 会議室

キャンパスまでのアクセス
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/access.html
キャンパス内マップ (黄色1-1の建物の3階)
http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html

◆報告者:
藤山一樹 氏 (日本学術振興会特別研究員PD/京都大学)
「『大戦の総決算』?――イギリス外交とラインラント占領終結への道、1925-1930年」
◆討論者:
細川真由 氏 (京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士後期課程、日本学術振興会特別研究員DC1)
◆企 画:
柄谷利恵子 会員 (関西大学)

本研究会への事前申し込みは不要です。みなさまどうぞ奮ってご参加ください。

※お問い合わせは、例会事務担当の岸野浩一mail_kishino(★を@に置き替えてください)までお願いいたします。

院生研究会関東地区 2017年度第3回研究会「エネルギーと国際政治:欧州・北アフリカ・中東・日本」(3月31日)のお知らせ (2018年3月6日)

日本国際政治学会(JAIR)院生研究会(関東地区)では、2017年度第3回定例会を開催します。

2017年度日本国際政治学会関東地区院生研究会 第3回定例会
「エネルギーと国際政治:欧州・北アフリカ・中東・日本」

◆日程:2018年3月31日(土) 13:00ー17:30(12:30開場)
◆場所:東京大学駒場キャンパス2号館308教室
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_02_j.html

◆報告者

  • 石井雅浩(一橋大学大学院)
     「EUエネルギー同盟における安全保障と市場とアクターの相互作用」(仮)
  • 高橋雅英(青山学院大学大学院)
     「アルジェリアのエネルギー政策:レント収入の継続的な確保に向けて」(仮)
  • 近藤重人((一財)日本エネルギー経済研究所 研究員)
     「石油危機という強迫観念の克服を:湾岸諸国から見た日本のエネルギー安全保障」(仮)

◆討論者

  • 長谷直哉((一社)ロシアNIS貿易会 研究員)
  • 白鳥潤一郎(立教大学 助教)

本研究会の詳細は、下記の日本国際政治学会院生研究会関東地区ウェブサイトからもご覧頂けます。
    http://www.geocities.jp/inseikenkanto2013/index.html

また、本研究会に関する質問は、以下のメールアドレスにてご質問下さい。
    jair_kanto_mail(★をアットマークに換えてください)

院生研究会は、大学、研究室、専門領域などを越えて、若手・院生の意見交換の場となることを目指しています。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

院生研究会(関東地区)

2018年度研究大会 「若手研究者・院生研究会分科会パネル」企画案の募集 (2018年1月9日)

平成30年1月6日
日本国際政治学会会員各位
日本国際政治学会若手研究者・院生研究会

日本国際政治学会2018年度研究大会
「若手研究者・院生研究会分科会パネル」企画案の募集

 皆様、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 日本国際政治学会若手研究者・院生研究会では、2018年度の研究大会(2018年11月2日~4日、於大宮ソニックシティ)における「若手研究者・院生研究会分科会パネル」の企画案を募集しております。例年通り、他の分科会パネルと比べまして早めの募集開始となっております。何とぞご理解頂ければ幸甚です。
 複数の応募を頂きました場合には、より多くの方々に研究成果をご発表頂けるようにとの方針のもと、若手研究者・院生研究会幹事(各地区代表・副代表)にて選考をさせて頂きます。また、選考の結果、研究大会でのご報告が叶わない場合には、各地区研究会にてご報告の機会を設けるように協議いたします。

募集企画:
国際政治(関係)学における先端研究
募集領域:
「地域・歴史・理論・イシュー」のいずれの分野でも可能
応募資格:
報告者、討論者ともに日本国際政治学会会員であること(現時点で入会予定でも可)/原則として発表者、討論者ともに前年度および前々年度に日本国際政治学会の研究大会で報告者として登壇していないこと(応相談)
締め切り:
3月25日 (締切日が変更になりました(2/25))
応募方法:
下記事項を記載した応募書類を3月25日までに若手研究者・院生研究会運営アドレスinseiken_mailに送付ください。(★を@に置き換えてお送りください)
  1. 募集企画のテーマ、あるいは題名
  2. パネルの概要(A4用紙1枚程度)
  3. 企画代表者の氏名、所属、専攻(研究テーマなど)、連絡先(メールアドレス)
  4. 推薦する(希望する)報告者(複数名:3.と同様に所属、専攻、連絡先等を記載)および推薦する(希望する)討論者(複数名)
  5. その他の特記事項(企画代表者が出張やフィールドワーク等で一定期間連絡がとれないことがある場合には、その旨を記載してください)
応募結果報告:
複数応募があった際に企画内容などを検討し、また必要に応じて応募者の方に企画の詳細などについて質問等を行った上で、3月下旬までに地域・院生研究会より企画代表者に応募結果を連絡いたします。

院生研究会関東地区 2017年度第2回研究会「担い手たちから検討する平和構築」(1月27日)のお知らせ (2018年1月8日)

日本国際政治学会(JAIR)院生研究会(関東地区)では、2017年度第2回定例会を開催します。

2017年度日本国際政治学会関東地区院生研究会 第2回定例会
「担い手たちから検討する平和構築」

◆日程:2018年1月27日(土) 13:00ー17:30(12:30開場)
◆場所:早稲田大学 早稲田キャンパス 1号館401教室
https://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus

◆第一部 「ロヒンギャ問題への対応を巡る対立:ミャンマー文民政権およびイスラム協力機構の取り組みに着目して」

・報告者
宮下大夢(早稲田大学)
・討論者
田中(坂部)有佳子(青山学院大学)
・質疑応答

◆第二部 『平和構築の模索:自衛隊PKO派遣の挑戦と帰結』

・報告者
本多倫彬(キャノングローバル戦略研究所)
・討論者
中村長史(東京大学)・大山貴稔(東京福祉大学)
・質疑応答

本研究会の詳細は、下記の日本国際政治学会院生研究会関東地区ウェブサイトからもご覧頂けます。
    http://www.geocities.jp/inseikenkanto2013/index.html

また、本研究会に関する質問は、以下のメールアドレスにてご質問下さい。
    jair_kanto_mail(★をアットマークに換えてください)

院生研究会では、今年度も研究会を開催し、大学、研究室、専門領域などを越えて、若手・院生の意見交換の場になることを目指しています。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

院生研究会(関東地区)

地域院生研究会海外地区 2017年度研究会 Japan and International Relations: Dipomacy and Foreign Policy during WWII and Present(12月2日)のお知らせ (2017年11月17日)

日本国際政治学会(JAIR)地域院生研究会では、以下の日程で研究会を開催します。

2017年度日本国際政治学会(JAIR)地域院生研究会(海外地区)研究会
Japan and International Relations:
Diplomacy and Foreign Policy during WWII and Present

◆日程:
2017年12月2日(土)13:20~14:50
◆場所:
政策研究大学院大学 六本木キャンパスResearch Meeting Room 4A
http://www.grips.ac.jp/about/access/
【報告者】
  1. Pascal Lottaz (GRIPS, Ph.D Candidate)
    “Neutral Diplomacy in Wartime Japan”
  2. Tatsuro Debroux (Pompeu Fabra University, Ph.D Candidate)
    “Analysis of Prime Minister Abe’s Statements about Japan’s Foreign Policy”
【コメンテーター】
  1. Dr. Andrea Pressello (GRIPS, Assistant Professor)
  2. Goro Fujita (Waseda University, Ph.D Candidate)

本研究会の詳細および事前登録は、下記のURLから行えます。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfy_FMnzaxHmCUxScpyTN4vWniXF-jvZcxqYUokc86b5yMi2w/formResponse

また、本研究会に関する質問は、以下のメールアドレスにてご質問ください。
Hinata Imai (Imai_mail)
or
Oktay Kurtulus (Kurtulus_mail)
   (★をアットマークに換えてください)